THE FOOD WEEKLY

関西 小売

夙川店をオープン /ライフコーポレーション

投稿日:

地元名品やオーガニック充実

ライフ夙川店

ライフコーポレーションは8月19日、兵庫県西宮市で5店舗目となる「ライフ夙川店」をオープンした。地元の逸品が豊富で、オーガニック食品を集合展開するなど、ワンランク上の品ぞろえを提案する。

立地はJR神戸線・さくら夙川駅から南西へ約520m、大阪と神戸の両市をつなぐ幹線道路・国道2号線の北側に位置。戸建・集合住宅、教育施設などが混在し、10歳未満および30~40歳代の構成比が高い。1㎞圏内の世帯年収別構成比は、700万円以上が約3割程度を占める。

地元西宮市および近隣エリアの逸品を多数展開。夙川の豆腐メーカー・三晃総合食品の六甲山系地下水を使用した豆腐を初導入。兵庫県の三田和牛や尼崎市の洋菓子メーカー・ショウタニのフィナンシェやマドレーヌ、灘五郷の日本酒各種もそろえた。神戸元町のEVIAN COFFEE SHOPの洋菓子はコーナー化している。

2階には同社のビオラル業態で扱うオーガニック、ローカル、ヘルシーがコンセプトの商品を集合展開。フェアトレードカカオを使用した有機ローチョコレート、米粉と大豆粉を使用したグルテンフリーキヌアクッキーなどが並ぶ。調味料は、寺岡有機醸造の有機醤油や内堀醸造の有機酢をそろえ、毎日の食卓にオーガニック食品を提案。さらにオーガニックワインは50種類以上を展開している。食品・非食品合わせ540SKUのボリュームとなる。

内食増加に対応し、デリカ・ベーカリーも充実。手作りのおにぎりや専用窯で焼き上げる「ミオピッツァ」は種類豊富に展開。ヨーロッパ産オリーブやライ麦を使用したフランスパン「カスマタオリーブブレッド」「穀物とライ麦のパン」は食事の付け合わせとして推奨。農産の「直売広場」は兵庫県産の野菜・果実を中心に展開し、水産は神戸市場、明石近郊漁港の鮮魚を提供している。

日用品売り場でも〝おうちごはん〟を応援。簡単に炭酸水が作れるソーダメーカーやビールサーバーをそろえた。衣料は機能性・デザインにこだわった衣服・肌着を提案するなど、日常必需品のワンストップショッピングに対応する。

同社は5月に西宮北口店をオープン。同エリアには下期にもSM店舗の出店を予定している。夙川店の周辺1㎞圏内には、ダイエー東芦屋店、グルメシティ夙川店、成城石井夙川店など競合は数多いが、ドミナントの形成でシェア確保を狙う。

【夙川店概要】所在地/兵庫県西宮市御茶家所町5-14▽規模/鉄骨造地上4階建、売り場(面積2473㎡)1~2階、駐車場(74台)3~屋上階▽年商計画/28億円▽売上構成比(%)/農産14.8、水産8.0、畜産12.6、インストアベーカリー2.1、日配18.6、加食22.2(うち菓子3.8、酒類4.6)、生活関連11.0、衣料2.4▽従業員数/80人(社員25人)▽店長/内藤哲也▽営業時間/9時30~24時(ドラッグは21時)

previous arrow
next arrow
Slider

WEB限定記事

-関西, 小売

Copyright© フードウイークリーWEB|週刊食品 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.