THE FOOD WEEKLY

外食 環境

世界初の紙カプセルを試験導入/くら寿司

投稿日:

「ビッくらポン」容器も脱プラへ

PIM特殊製法を用いた紙カプセル

くら寿司は、景品がもらえるガチャポン「ビッくらポン」において、世界初のPIM技術を用いた環境にやさしい紙カプセルの試験導入を池袋サンシャイン60通り店(東京都豊島区東池袋)と天六駅前店(大阪府大阪市北区天神橋)の2店舗で6月15日から開始する。

近年、環境問題が深刻化し、脱プラスチックに向けた動きが世界中で広がる中、同社では環境に配慮した取り組みの一環として、ストローレスのカップを採用するなど、プラスチックごみの削減に努めてきた。

ビッくらポン

今回試験導入するでんぷんとパルプを使うPIM(Pulp Injection Molding)技術はケーツーステーション、レンゴー、大宝工業との共同開発により実現。紙カプセルは燃やしても有害物質が発生せず、リサイクル利用を可能とした。

ビッくらポンは寿司の皿をテーブル脇の投入口に入れると、5皿に1回備え付けのタッチパネルでさまざまなオリジナルのルーレットゲームがスタートし、当たりが出るとオリジナル景品をプレゼントする仕掛け。週末など、多いときでは1日10万個以上を提供するプラスチック製カプセルは、今回の実験導入を踏まえ、順次紙カプセルに移行する予定。

また、7月1日から持ち帰り用の袋をバイオマスプラスチック配合のビニール袋に切り替える。なお、新しい持ち帰り袋は、同日から施行されるレジ袋の有料化施行後も無料配布の対象となる。

WEB先行記事

-外食, 環境

Copyright© フードウイークリーWEB|週刊食品 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.