THE FOOD WEEKLY

Pickup 環境 外食

紙ストローなど脱プラで環境負荷を低減へ/日本マクドナルド

投稿日:

横浜エリアで2022年2月1日から導入

日本マクドナルドは2022年2月1日より横浜エリア内の30店舗で、「紙製ストロー」および「木製カトラリー」を先行導入する。プラスチックごみ削減が目的で、利用者の声や店舗での反応をみて、カトラリー類の仕様変更有無や全国展開の時期について決める。

12月22日に日本マクドナルド本社で行われた発表会では、約3年かけて開発・修正を繰り返すことで完成させた紙製ストローと木製カトラリー(スプーン・フォーク・ナイフ)の検討ポイントなどについて公開された。
安全性・耐久性に加え、全ての世代で使いやすいサイズであること、味・風味や質感を損なわないなどについてもこだわり、環境負荷軽減のため原料となる紙・木材はFSC認証(森林認証制度)を使用している。
カトラリー類を紙・木製に切り替えることでプラスチック使用量は年間約900tを削減でき、2025年までに全ての容器類を再生可能素材に順次切り替える。

なお、子ども向けの曲がるストローなど一部製品にはプラスチックを継続使用するが、原則として再生可能な植物由来のバイオマスプラスチックなどを使用する方針。

また、「ハッピーセット」のおもちゃについては、リサイクル回収数が累計730万個を突破。昨年は247万個を回収しており、今年も同程度となる見込み。
これらにより石油由来プラスチック(バージンプラスチック)使用量を2026年までに、2018年比で90%減(約4000t)を目指す。

【横浜エリアでの紙ストロー・木製カトラリー導入店の一部】
西区:ランドマークプラザ店、横浜クイーンズスクエア店、伊勢佐木町店、横浜西口店、横浜西口5番街店
中区:関内南口店、関内北口店、横浜ワールドポーターズ店、山下公園前店
南区:別所イトーヨーカドー店
神奈川区:15号新子安店、白楽駅前店
鶴見区:鶴見店、鶴見駅前店、矢向駅前店、15号鶴見店
戸塚区:戸塚アピタ店、戸塚原宿店、
緑区:十日市場店、鴨居店、
港北区:綱島駅前店、新羽駅前店、横浜綱島アピタテラス店
相模原市:16号相模原店

「マクドナルド」公式サイト
https://www.mcdonalds.co.jp/

WEB先行記事

-Pickup, 環境, 外食

Copyright© フードウイークリーWEB|週刊食品 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.