THE FOOD WEEKLY

Pickup デジタル・IT/EC 酒類

人気の見学ツアーをリモートで実施/サントリースピリッツ

投稿日:

山崎・白州蒸留所で

サントリースピリッツは2月6日から、山崎・白州の各蒸留所で有料のリモート・ツアーを開始した。

従来、両蒸留所ともリアル見学ツアーを展開。好評を得ていたが新型コロナの影響で現在は一時休止の状態が続く。人気のツアーのため、再開を求める声が多く同社はこれに応えてオンラインでの実施を決定。

専用サイトから申し込み・決済後、セミナー用ツール(シングルモルトウイスキー山崎180mlと特別テイスティンググラス)が届く。自宅でテイスティング体験や工場見学、チャットを利用したQ&A(蒸留所のガイドが対応)などがリアルタイムで行える。ツアーは所要時間約60分、セミナー用ツールを含め参加費1人3000円(試飲用のミネラルウォーターなどは各自で用意)。両蒸留所とも既に2月分は完売、山崎は3月16日以降、白州は3日以降の予約を受け付け中(2月4日時点)。

一般公開に先駆け、2月3日には山崎蒸留所による、メディア向けツアー体験会を開催。ガイドによる説明は分かりやすく、体験会はスムーズに進行。ガイド側から参加者への質問やクイズの出題のほか、参加者からの質問への対応など、飽きさせない工夫がなされていた。

醗酵室の見学では、リアルツアーでは見ることのできない発酵槽の内部の様子が映し出されるなど、オンライン・ライブならではの体験も。熟成室(貯蔵庫)には多くの樽がズラリと並ぶが、これはほんの一部。同蒸留所には貯蔵庫が5棟あり2000樽の収容が可能。またサントリー全体では155万樽を貯蔵しているという。

試飲ではウイスキーの香り・味わいを確認し、用意した水で割り、再度テイスティング。この後、人気のウイスキーメニュー・ハイボールのおいしい作り方も教えてくれるので、参加者は氷やソーダも用意すれば、なお楽しめる。

1月21日から無料のオンライン・ツアー「360°フリーツアー」も開始。製造工程の紹介はないが、VR技術により館内を自由に散策可能。動画や音声ガイドもあり、オリジナルグッズ販売にも対応している。

previous arrow
next arrow
Slider

リモート蒸留所ツアー
https://www.suntory.co.jp/factory/distillery/remote/

WEB先行記事

-Pickup, デジタル・IT/EC, 酒類

Copyright© フードウイークリーWEB|週刊食品 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.