THE FOOD WEEKLY

Pickup デジタル・IT/EC 小売

自走型配送ロボで実証実験を本格化/セブン-イレブン

投稿日:2021年4月21日

場所や用途など活用方法を追求

時速0.4~4.0kmで走行

セブン-イレブン・ジャパンは、消費者の手元まで届けるラストワンマイルのあらゆる可能性をさらに追求する。ロボット専業企業のアスラテックとソフトバンクとともに、スマートシティモデルの構築を進める三菱電機と東急不動産の協力で自律走行型配送ロボット「RICE(ライス)」を用いた屋内配送の実証実験を進めている。

実験場所は、ソフトバンク本社(東京都港区)のある東京ポートシティ竹芝オフィスタワー。ソフトバンク社員を対象に1月より、本社内に入るセブン-イレブン店舗から同一フロアへの試験配送を開始。4月21日からは配送範囲をさらに広げ、ロボットとエレベーター(三菱電機/IoTプラットフォーム「ヴィルフィーユ」)を連携させて他フロアへの実証を本格化させた。

注文は「セブン-イレブンネットコンビニ」から行う。取扱品目は約550点。注文が入ると店舗従業員が商品をピックアップしロボット内にセット。あらかじめ設定した数カ所のポイントまでWiFi/LTE通信をもとに自ら自走して届ける。到着後はスマホに暗証番号が通知され、それを入力して商品を取り出す仕組み。利用した理由の一つに店舗のある他フロアへの移動が面倒だという意見があり、昼食時の弁当や飲料、デザートなどの注文が多いという。

この実証実験は、6月30日まで実施予定。その後もさまざまな検証を重ねていく考えでオフィスビルのほかホテル、ショッピングモールなど場所や利用用途、品ぞろえやサービスなど、活用方法をさらに追求していく。

previous arrow
next arrow
Slider

WEB先行記事

-Pickup, デジタル・IT/EC, 小売

Copyright© フードウイークリーWEB|週刊食品 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.