Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
THE FOOD WEEKLY

TOPICS 関西 菓子 小売

バレンタインチョコレート博覧会2020を開催/阪急うめだ本店

投稿日:

有名シェフコラボやボタニカルなど約3000品を展開

チョコレート博覧会を開催

阪急阪神百貨店は阪急 うめだ本店で1月22日〜2月14日まで、日本最大級のチョコレートの祭典「バレンタインチョコレート博覧会2020」を開催。約300ブランド3000種類を揃え、有名ショコラティエとのコラボやボタニカルなど企画が充実。1月14日に報道陣に公開した。

阪急阪神百貨店の髙見さゆり第1店舗グループフードマーケティング部シニアマネージャーは、「多彩な角度からチョコレートの魅力と情報発信を強める」と説明。今年は過去最高だった昨年の約24億円を上回る25億円を目指すと明かした。

核となる企画は、日本を代表する人気ショコラティエ6人とコラボした「ジャパンクリエーションチョコ」。ボンボンショコラの新たな可能性を提案する独自商品を充実させた。パティシエ エス コヤマの小山進シェフは「幸せを凝縮したような商品でボンボンショコラにもっと市民権を」と意気込む。アルコール入りチョコという概念を払拭すべく、小山シェフは果実のみずみずしさとチョコレートがマリアージュした「SО fruits!!」(8個、3240円)等を発売。

クラブ ハリエの山本隆夫シェフは小さい頃から大好きな明治のアポロチョコとコラボ。「ボンボンショコラ アポロ」(15個、5000円)は素材と製法にこだわり、アポロジャンボの形はそのままに、フィリングに果肉の食感を残したいちごジャム、スパイシーなチョコレートの二層仕立てを採用。口に入れるといちごの風味を強く感じられる大人のアポロに仕上げている。

この他、ジャーニーカンパニーからは新作「cacao アロマ生チョコMUSCAT」(16個入、2592円)が登場。マスカットのフレッシュな香りとビターチョコレートがベストマッチ。英国のアカデミーオブチョコレート2019で最高金賞も受賞した。

ボンボンショコラの魅力を解き明かす企画「ワールドチョコレートライブラリー」も展開する。ボンボンショコラは多彩なフィリングを使用する点が魅力だが、ル ショコラ ドゥ アッシュの辻(しんにょう)口博啓シェフは「フィリングを理解するには断面を見ること」を提唱。セパレーターを使いカットした断面を見て、五感でじっくり味わってほしいという。会場では断面の美しさを紹介する展示や、辻(しんにょう)口シェフが梅や金木犀などの花の香りを生かした「カカオ フルール」(4個、1901円)を提案。セパレーターも販売する。  新企画は阪急阪神百貨店が造語した「ボタニカルチョコ」。植物など自然由来の素材に着目。話題のローズウォーターを使った阪急限定「アサオカローズ×ぎんざ空也 空いろ」(2個、1801円)はバラの香りを感じるホワイトチョコレート餡を、レモングラス・山椒・ベニバナ・よもぎの4種のボタニカルもなかで挟んで食べる新感覚の商品。

また、Farm to Barに着目した「カカオワールド」企画ではカカオハンターが商品を提案。コロンビアの農園ではカカオの他、山椒やバニラが新たに栽培されていることから、「黒胡椒チョコ」(28g、864円)、「バニラチョコ」(同)を開発した。

この他、フルーツやナッツに着目した「チョコ果実園」、見るだけで楽しい「チョコ菓子」、チョコスイーツなども充実している。

previous arrow
next arrow
髙見シニアマネージャー
ArrowArrow
Slider

WEB先行記事(スライド写真は12枚)

-TOPICS, 関西, 菓子, 小売

Copyright© フードウイークリーWEB|週刊食品 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.