THE FOOD WEEKLY

TOP NEWS 展示会

新時代に向け秋冬施策が出揃う/日本アクセス

投稿日:

埼玉・東日本会場が盛況

恒例のアリーナで盛大に

日本アクセスは〝つくる 新時代に向けた新たな価値創造〟をテーマに「東日本秋季Food convention 2022」を7月27・28日の2日間、さいたまスーパーアリーナ(さいたま市中央区)で開催した。感染対策強化の下、メーカー493社が出展。およそ8900人の来場者で賑わいを見せた。

大手卸による夏最大の展示会らしく、メーカー各社も秋冬施策の展示が充実。名物企画「クラシルシェフが選ぶ新商品グランプリ」コーナーでの試食コーナーには多くの来場者やメーカー関係者が足を止め、新商品を吟味する姿が目立った。

7月21・22日にインテックス大阪で開催された西日本会場(516社・来場者数6900人)と同じく、情報やロジ機能、加工食品や乾物、乾麺、菓子、酒類の提案ゾーンのほか、改めて徹底強化を掲げるチルドでは情報・物流・企画・販促を統合した「アクセスチルドプラットフォーム」確立を目指す。東日本会場では、ご飯のお供に好適な商品の食べ比べ企画や、注目のチルドスイーツ、乳製品では国産チーズに注目。さらにワンダーチルディアと協業したチルドカップ飲料を訴求した。

強みとなる物流機能を生かした「幹線物流」では北海道の魅力的な食材をアピール。冷凍食品分野では〝シンカ〟をキーワードに圧倒的な提案力を示した。他にもオリジナル商品、生鮮、デリカ、アクセス業務用市場開発研究会、外食、北海道物産、沖縄物産、関東商品部おすすめコーナー、さらにはノンフードビジネスまで幅広い内容。
また来場者の関心を集めた「トレンド予測」では、世代別のブーム、トレンドを解説。注目のZ世代に限らず、来場者が自身の世代をチェックする光景も目立った。

自慢のチルドきのうが武器に

なお、第1四半期業績が7月25日に開示され、売上高は前年同期比103.0%の5429億9100万円、営業利益114.0%の45億9200万円、経常利益112.5%の47億2600万円、親会社株主に帰属する当期純利益は106.1%の27億9100万円の増収増益となった。

-TOP NEWS, 展示会,

Copyright© フードウイークリーWEB|週刊食品 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.