THE FOOD WEEKLY

TOP NEWS 展示会

〝さあ、次の一手。〟5つのペルソナ像探る/三菱食品

投稿日:

国際展示場で初の開催

ダイヤモンドフェア2022

三菱食品は〝さあ、次の一手。〟をテーマに、「ダイヤモンドフェア2022」を7月19~21日の3日間、東京ビッグサイト西3・4ホールで開催した。

会場を東京ビッグサイトに移しての初めての開催となった今回は、延べ550社のメーカーが出展。およそ1000アイテムを展示、350~400メニューの試食を提供した。来場者数は1万~1.2万人を想定。会場はパネル展示によるこれまでの「読む」ことを中心とした展示会から一新し、来場者の「記憶に焼き付ける」ような展示に重点を置いた。

まずは京谷裕社長のメッセージビジョンで来場者を出迎え、シアタールームで展示会の見どころを紹介。「戦略」ブロックでは独自の生活者調査研究から導き出された、今後増えていく生活スタイルの中から、5つのペルソナ像(20代単身女性、ミレニアル世代DINKS夫、同妻、ミドル世代DEWKS妻、シニア世代子育ち妻)に着目。食品流通が生活者にとって信頼できるパートナーとしての〝フードライフパートナー〟であることを訴求した。

続く「機能」ブロックでは、展示会の目玉となる生活者の購買行動を徹底分析した「買い物ジャーニー」。5つのペルソナ像に基づき、デジタル販促を駆使した勝てる売場作り、需要創造につながる手立て、サステナビリティも欠かせないポイントとして紹介した。また今回はデリカ部門を機能ブロックの一つとして取り組み、企画、調達、販促までのマーケティングを一気通貫で提案し、来場者の関心を集めた。

会場で最もスペースを割いたのは「商品」ブロック。加工食品、菓子、健康、低温、酒類の5つの領域で重点取り組みメーカーによる試食、コラボレーションなどの充実を図った。

2022年7月25日付

-TOP NEWS, 展示会,

Copyright© フードウイークリーWEB|週刊食品 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.