THE FOOD WEEKLY

小売 その他

スープの新ブランドを開発/ピエトロ

投稿日:2019年4月25日

「PIETRO A DAY」18種を販売

新ブランド「PIETRO A DAY レトルトスープ」

ピエトロはレトルトスープの新ブランド「PIETRO A DAY」を立ち上げ、4月25日から東京交通会館内(東京千代田区)の直販店で発売。ドレッシング、パスタソースに続く第3の柱として、スープ事業を本格展開する。

新ブランドは〝「1日がHappyになる」soup〟をコンセプトに商品を開発。玉ねぎや野菜、完熟いちごを使ったスイーツ系のほか、ヴィーガンに対応したスープなど計18種類を用意。店内での飲食、テイクアウトも可能。価格は400~650円。

高橋社長

4月24日に都内で開いた新商品発表会で高橋泰行社長が同社のスープ事業を振り返り、「創業当初からレストランでスープを提供しており、これまでフリーズドライやレトルト製品を通信販売してきた」と説明。近年、健康志向から女性を中心にスープ需要が高まる中、レストランで培ったノウハウを活かし、家庭で手軽に楽しめる本格スープを投入し、スープ事業領域の拡充を図る。

新商品全てを福岡県内の自社工場で製造。今後は直販店の展開、自社通信販売、一部レストランなどで販売を予定している。

WEB先行記事

-小売, その他

Copyright© フードウイークリーWEB|週刊食品 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.