THE FOOD WEEKLY

Pickup 飲料

〝缶コーヒーの進化形〟小休憩に新たな提案/コカ・コーラ

投稿日:2021年6月30日

飲み切りPETコーヒー「ジョージア ショット&ブレイク」

コカ・コーラシステムは、飲み切りサイズのショットコーヒー「ジョージア ショット&ブレイク 微糖」「同 ブラック」(195mlPET、125円)を7月5日から新発売する。

6月30日のオンライン発表会では、PETボトル入りコーヒー市場の拡大と缶コーヒー市場の縮小、コロナ禍で多様化するショートブレイク(小休憩)の現状に着目。日本コカ・コーラマーケティング本部コーヒー事業部の坪根秀史シニアブランドマネージャー=写真=は、新商品開発の狙いを「缶コーヒーユーザーのショートブレイク機会拡大」と説明した。以前の小休憩では喫煙所や休憩室で複数人が缶コーヒーを飲むシーンが定番だったが、コロナ禍の現在は個人が在宅ワークのスキマ時間や移動中に取るなど変化が見える。

フタ付きPETボトルの採用でカバンに入れて持ち運びでき、飲み切れない場合や空き容器をすぐ処分できない場面での飲用を可能にした。倒して中身をこぼす心配もなく、移動中やパソコンの作業中にも安心して味わえる点を生かし〝缶コーヒーの進化形〟として、若年層など缶コーヒーでは取り切れなかったユーザーをつかむ。また、コロナ禍で苦戦する自販機でも取り扱う。

中身もわずかな休憩時間で満足できるようコク深い味わいを追求した。微糖はエスプレッソの凝縮したコク、ブラックは深いりした焙煎豆のコクが楽しめる。プロモーションでは俳優の山田孝之を起用したテレビCMなどを発売日から展開。「ショートブレイクの新しいカタチ」を提案する。

山田孝之さん起用のCMも

WEB先行記事

-Pickup, 飲料

Copyright© フードウイークリーWEB|週刊食品 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.