THE FOOD WEEKLY

飲料

埼玉工場にコーラ最大の物流センター建設へ/コカ・コーラ

投稿日:

埼玉メガDC2021年稼働

左からドラガン社長、宮﨑善雄吉見町長、ブルース・ハーバート執行役員SCM本部長

コカ・コーラボトラーズジャパン(CCBJ)は、埼玉県比企郡吉見町の埼玉工場敷地内にコカ・コーラシステム国内最大の最新自動物流センター「埼玉メガディストリビューションセンター(DC)」を建設する。東京、埼玉全エリアをカバーする基幹拠点として、2021年2月の竣工を目指す。

同社では急速に変化する市場環境や多様化するニーズに迅速に対応するため、16年5月から物流体制の最適化に向けた大規模事業「新生プロジェクト」を進めている。

プロジェクトの中でも「埼玉メガDC」は、140億円以上を投じる目玉の取り組み。建設面積1万4747㎡、延べ床面積2万3548㎡(3階建)、保管容量6万パレット、年間出荷能力8100万c/sとコーラシステムとして国内最大、世界でも最大級の規模となる。

さらに高密度高能力の最新自動化倉庫として、カスタマーオーダーピッキングシステムと自動ハンドリング制御システムを新規開発した最新鋭設備を整える。東京、埼玉の物流センター各所は埼玉メガDCに集約し効率化、省人化を進める。

最新鋭設備を導入し物流の効率化を図る

埼玉メガDCでは省人化も進める

4月19日に起工式が執り行われ同社経営陣が出席。カリン・ドラガン社長は「成長基盤構築を目指す戦略の一つとして物流の最適化を掲げており、埼玉メガDCは重要拠点」と説明する。今後も新生プロジェクトを進めることで、バランスの取れた継続的改善、高品質・低コスト・安定供給のサプライチェーンを構築していく。

起工式での鍬入の儀

WEB先行記事

-飲料

Copyright© フードウイークリーWEB|週刊食品 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.