THE FOOD WEEKLY

注目記事 小麦・大豆・米

キッザニア東京に〝いなり寿司職人〟登場/みすずコーポレーション

投稿日:2020年2月5日

初午いなりの日に合わせて食育パビリオンが期間限定オープン

いなりずし職人を体験した千葉県習志野市立秋津小学校6年のみなさん

みすずコーポレーションは2月11日の「初午いなりの日」に合わせ、こども向け職業体験施設「キッザニア東京」(東京都江東区)に、食育パビリオン「いなりずし屋」を2月5~11日の期間限定でオープン。

「いなりずし屋」パビリオンでは、子供たちが〝いなりずし職人〟に扮し、大豆製品やいなり寿司の歴史や稲荷神社の使いであるキツネの好物の油揚げを使った「いなりずし」を食べると福を招くと言われる初午いなりの風習などを学んだ後、俵型のいなり寿司にコーンやツナ、枝豆など6種類の具材を使ったオリジナルの飾りいなり作りに挑戦した。

オープン初日に校外学習の一環として体験した千葉県習志野市立秋津小学校6年の生徒たちは、「いなりずしを作るのは初めて。具材をトッピングする工程が少し難しかったが、好きな具材をのせたいなりずしが完成し楽しかった」「『初午いなりの日』が分かり勉強になった」などと感想を話した。

また、同時に同施設では「いなりずしウィーク」を開催。館内では初午の風習にちなみ、願い事を絵馬カードに書いて飾るコーナーや、いなりずしの地域性や食文化などについて学ぶクイズラリーを実施している。

previous arrow
next arrow
Slider

WEB先行記事

-注目記事, 小麦・大豆・米

Copyright© フードウイークリーWEB|週刊食品 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.