Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
THE FOOD WEEKLY

関西 麺類

三輪素麺の相場を占う「卜定祭」で続伸の高値/奈良県三輪素麺工業協同組合・奈良県三輪素麺販売協議会

投稿日:2020年2月6日

三輪の誉18㎏が1万1千円

2年連続の高値に

奈良県三輪素麺工業協同組合(池側義嗣理事長)と奈良県三輪素麺販売協議会(池田利一会長)は2月5日、三輪素麺の相場を占う神事「卜定祭」を、関係者ら約70人が参集し奈良県桜井市の大神神社で催行した。

池側理事長

神事には三輪素麺関係者、製粉関係者、全国乾麺協同組合連合会の髙尾政秀会長、日本手延素麺協同組合連合会・兵庫県手延素麺協同組合の井上猛理事長らが列席。神主のお祓い、巫女の浦安の舞、玉串拝礼を催行し、地元有志による三輪素麺掛け歌も披露された。

卜定の儀は三輪素麺の卸価格相場を高値・中値・安値の中から占う。令和初の宣託は、三輪の誉厄前18㎏高値1万1千円(昨年と同額)で2年連続の高値となった。

直会の挨拶で池側理事長は、昨年の商戦を梅雨明けの遅れや低気温で苦戦と回顧。「今年は東京五輪で海外の注目度は高く、安全安心な製品を提供する」と抱負を述べた。奈良県HACCP研修の徹底を進める考え。

髙尾会長

井上理事長

また髙尾会長は「乾麺業界は価格改定に臨んでおり、高値の宣託に後押しをいただいた」と意欲。井上理事長は原料のみならず、物流費や人件費等の上昇が乾麺業界にも影響している点を説明し、「業界を超えたさまざまな分野から考えを募り、消費者に求められる商品作りや取り組みを進めたい」と語った。

previous arrow
next arrow
浦安の舞
Slider

WEB先行記事

-関西, 麺類

Copyright© フードウイークリーWEB|週刊食品 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.