Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
THE FOOD WEEKLY

酒類

北海道を舞台に挑戦したい人を応援/サッポロビール

投稿日:

「ほっとけないどう」プロジェクトを始動

発表会の様子(左から二人目が野瀬常務)

サッポロビールは、北海道を舞台に新たな挑戦を支援する活動「ほっとけないどう」を6月6日からスタート。一杯のドリンクが挑戦者の資金提供になる「カンパイ☆ファンディング」を行い、創業の地を活性化する。

「ほっとけないどう」では北海道で新たな事業を始めたい、既存事業を拡大させたいと考える「挑戦者」と、「応援者」をつなぐコミュニティ作りを目指す。挑戦者、応援者ともにLINEを通じて「Do!民(ドゥーミン)」に登録。挑戦者はプレゼンテーションイベント「ほっとけないAWARD」でプロジェクト内容を発表し、内容はWebサイト「北海道LIKERS」、SNSで発信される。応援者は北海道や各地に期間限定で設ける「ほっとけないどうBAR」でドリンクを購入することで、「カンパイ☆ファンディング」として支払額の半額が挑戦者の資金として提供される。

「Do!民(ドゥーミン)」は、「ほっとけないどう」会員制コミュニティとしても活用。会員バッジやトークイベント「ほっとけないSWOH」などの参加費の割引、フェイスブックへの参加など特典を設けている。

初日に都内で会見した野瀬裕之常務は、「北海道ではさまざまな事業を行ってきたが、今回は次世代に向け新しい価値を創出する」と説明。「ほっとけないどう」を企画したマーケティング部の土代裕也マネージャーも「ドリンクで資金協力できる『カンパイ☆ファンディング』はおそらく世界初。〝新しい挑戦をするなら北海道!〟と言われるぐらい盛り上げたい」と力説した。

会場では北海道出身のタレント・とにかく明るい安村のトークセッション、3人の「ほっとけないどう」挑戦者のプレゼンテーションも行い大いに盛り上がった。

previous arrow
next arrow
「ほっとけないどう」を説明する土代マネージャー
Slider

WEB先行記事

-酒類

Copyright© フードウイークリーWEB|週刊食品 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.