Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
THE FOOD WEEKLY

TOP NEWS 調味料・香辛料

全国の嗜好に合わせた7種のマヨタイプ調味料/キユーピー

投稿日:

創業100周年記念~地元×マヨネーズプロジェクト

創業100周年記念でマヨネーズタイプ調味料7種展開

キユーピーは創業100周年を記念し、地元の食材をおいしく食べられるマヨネーズタイプ調味料をエリア・数量限定で3月1日から発売。マヨネーズの万能調味料化とその魅力を発信し、食シーンの拡大を図る。

同社はマヨネーズと他のさまざまな調味料の掛け合わせレシピを長年にわたって提案してきた。マヨネーズの使用方法を調査すると、醤油やドレッシングなど他の調味料と混ぜて利用する人が半数近くを占め、調味料との掛け合わせを工夫していることが分かった。そこでさまざまな食材と相性が良いマヨネーズのおいしさをもっと楽しんでほしいという思いから企画・構想を進め、約3年の歳月をかけ、今回100周年企画品として商品化に至った。

商品は日本を北海道、東北、関東・甲信越、東海・北陸、関西、中国・四国、九州・沖縄の7つのエリアに分け、マヨネーズと各地元を象徴する料理や食材に合う組み合わせを見つけるため、各エリアの従業員と商品開発部門、研究開発部門が「地元×マヨプロジェクト」を結成。味の絞り込みなどを進め、地元に根付いた味のマヨネーズタイプ調味料を開発した。

「関東を味わう てりやきソース&マヨ」(販売エリア関東・甲信越)、「関西を味わう だしソース&マヨ」(同関西)、「九州を味わう 柚子こしょう&マヨ」(同九州・沖縄)の3品を3月1日から発売。4月19日からは「北海道を味わう バター醤油ソース&マヨ」(同北海道)、「東北を味わう 魚介醤油だれ&マヨ」(同東北)、「東海を味わう 手羽先だれ&マヨ」(同東海・北陸)、「瀬戸内を味わう 牡蠣油&マヨ」(同中国・四国)の4品、合計7品を発売する。パッケージは100周年記念と地元を盛り上げる想いから、お祭りをイメージしたデザインを採用し、それぞれの食材を絵柄で表わした。いずれも内容量205g、280円。賞味期間7カ月。

2月19日に本社で新商品発表会を開催し、櫻木康博執行役員家庭用本部長=写真=が概要を説明。同商品を通じて「地元の食材をおいしく食べる提案を行い、地域の食文化の創造に貢献するとともに、マヨネーズの新たな使い方や魅力を発信していきたい」と狙いを語った。

previous arrow
next arrow
各支店の担当者が商品をPR
ArrowArrow
Slider

WEB先行記事

-TOP NEWS, 調味料・香辛料

Copyright© フードウイークリーWEB|週刊食品 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.