Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
THE FOOD WEEKLY

注目記事 小売 環境

2020年恵方巻商戦は予約重視の戦略へ/イオンリテール

投稿日:

食品廃棄も前年比50%目標掲げる

2020年恵方巻お披露目会を開催

イオンリテールは、2020年「恵方巻」の予約受付を12月13日から開始する(20年1月29日まで)。例年よりも2週間早い受付で食品ロスの削減にもつなげる。

12月12日にイオン葛西店(東京都江戸川区)でお披露目会を開催。同社デリカ商品部の鈴木雅光氏は、今回の恵方巻商戦について語った。

イオンリテールデリカ商品部の鈴木雅光氏

今年は予約期間を延長

2020年の節分(2月3日)は月曜日にあたり、これは13年・14年と同じ巡りで、前年の販売量を確保するのは難しいと見ている。また、近年は色々な種類の味を楽しみたいとする消費者ニーズが高まりを見せていることから、ほぼ全種類、新商品を含めた13種類のハーフサイズを含む30種類(昨年比約2.3倍)の予約を可能にした。また予約期間を約2週間前倒しし、1月10日までの早期予約には5%オフ早得価格を導入した。さらに販促施策としては、店頭での試食会を1月上旬に本州・四国のイオン、イオンスタイル約400店舗で実施する。

予約期間を伸ばすことで、販売に占める予約構成比を昨年の16.4%から35%に引き上げる。鈴木氏は「不確定分を減らすことで、より需要に見合った販売になる。そしてお客様に最適な状態で提供できる」と語り、食品廃棄ロスを前年の半分に引き下げる考えを示した。また、販売計画については予約販売分を前年比で2倍、店頭販売分は8割で計画し、全体では「無理のない目標を組んだ。できるだけ前年実績に近づけたい」との考えを示した。

新商品は、初のヘルス&ウェルネス関連となる「1日の1/3の野菜が摂れるサラダ巻」(マンナンヒカリ使用)や、肉ブームを捉えた初の肉系恵方巻「加藤牛肉店監修 黒毛和牛贅沢巻」など7種類を発売。また、ミシュランガイド9年連続三つ星「鮨よしたけ」監修シリーズからは、初の海鮮恵方巻「鮨よしたけ監修 招福海鮮恵方巻」も発売。
なお、2020年の恵方は「南南西」となる。

previous arrow
next arrow
鮨よしたけ監修 初の海鮮恵方巻
Slider

WEB先行記事

-注目記事, 小売, 環境

Copyright© フードウイークリーWEB|週刊食品 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.