THE FOOD WEEKLY

関西 健康・栄養 小売

発酵の強みでカルピス初のコンセプトショップ/阪急阪神百貨店

投稿日:2022年3月23日

カゴメはジュースバーをオープン

「カルピスと発酵」でアサヒ飲料が出店

阪急阪神百貨店と食品メーカーがコラボし、阪急うめだ本店だけで展開するオンリーワンショップ。第14弾となる新たなショップ展開にはアサヒ飲料が名乗りを上げ、「カルピス」と発酵食品を組み合わせた同社初のコンセプトショップ「発酵『CALPIS』PARLOR」を4月8日からオープンする。

これまでのオンリーワンショップは、有名ブランドによるエンターテインメント型スイーツを展開することで顧客を獲得してきた。今後は展開策のひとつに健康軸を価値としたスイーツを取り入れ、さらなる顧客の共感につなげたい。

アサヒ飲料、カゴメが健康ショップ

アサヒ飲料は発酵の生み出す〝おいしさ〟を全国各地に発信していく「発酵おいしさ発見プロジェクト」に取り組んでいる。今回の出店もその一環。ショップでは通年販売する定番メニューとして、カルピスと甘酒・ヨーグルト・もろみ酢を加えた3種(各543円)を展開。さらに日本全国を4ブロックに分け、1年で各地の発酵食品と組み合わせた季節限定メニューを、シーズンごとに2品ずつ展開。春は岐阜県産ヨーグルトや長野県産クリームチーズを使用したメニュー(同)を販売する。

また「『カルピス』ゼリー」と発酵ソース(リンゴ酢&白桃・ヨーグルト&キウイ・発酵豆乳&いちご)のセット販売も行う。振って飲むゼリー飲料に、発酵食材とフルーツを使ったソースの組み合わせ。選ぶソースや振る回数によって異なる味わいや食感が楽しめる。2本セット(ゼリー2本・ソース1種類2個、600円)、3本セット(ゼリー3本・ソース各種3個、920円)。店頭ではカルピスや発酵について学べる映像コンテンツによる情報発信も行う。

同じくうめだ本店内に食べるスムージーショップ「KAGOME GREENS Catch the Rainbow」を展開するカゴメは、ショップ内にジュースバーを同日オープンし、クラフトスムージーの販売を始める。2020年10月の出店以来、好評を得ており今回、店舗面積を約2倍に拡張。新たに3種のドリンクメニューを展開。スムージーにカットフルーツをトッピングし、濃厚な飲み心地とユニークな食感が楽しめる。サイズは野菜使用量2分の1食分、1食分、半日分の3種。リサイクルPETを25%以上使用したカップと100%植物由来ストローを採用。また、オープン時から野菜摂取量の測定機器「ベジチェック」を設置しており、累計測定回数は2.6万回(今年2月末時点)に達した。

両社とも4月8日以降の年商計画を2億円に設定。売り上げ追求の一方で各ショップのテーマに対する、消費者の反応やその対応策を模索していく。

previous arrow
next arrow
Slider

WEB先行記事

-関西, 健康・栄養, 小売

Copyright© フードウイークリーWEB|週刊食品 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.