Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
THE FOOD WEEKLY

関西 小売

イオンスタイル海老江がオープン/イオンリテール

投稿日:2020年3月30日

下ゆで野菜や骨取り処理など加工度高めた生鮮充実

都市型SC1号店・イオンスタイル海老江

イオンリテールは3月28日、イオンスタイル海老江(大阪市福島区)をオープン。同社初の都市型ショッピングセンター(SC)として注目が集まる(店舗詳細既報)。

基幹店であるイオン野田阪神店と近接するが、より若年層の需要確保に重点を置くことですみ分ける。23ある専門店は飲食、物販のほかリラクゼーションや女性専用クリニック(歯科・婦人科)、さらに保育園や幼児教室などもそろえ、幅広い需要に対応する。

直営食品売り場では、開店前のリサーチで需要の高かったオーガニックを強化。農産売り場では、オーガニック野菜30種を常設コーナーで展開。生鮮に加え下ゆで野菜もそろえる。産地は大阪府下および千葉県など。

水産は骨取り処理をしたサーモンやアクアパッツァなどメニュー提案型商品を強化。中央卸売市場からの新鮮な魚の魅力を、対面で情報発信しながら訴求する。魚屋の寿司や同店オリジナルメニューとして、グレープフルーツドレッシングの海鮮丼なども提案。また精肉は、こだわりの「匠和牛」などボリューム感たっぷりに展開。

デリカは、手軽に好みの量を購入できる「リワードキッチン」を導入。和・洋・中のメニュー30種が並ぶ。昼食需要の高いエリアのため、「えらべるお弁当」ではメインディッシュ1、サイドメニュー2のコンビネーション、さらに白米・五穀米が選べる提案を行う。夕飯には6〜9品の惣菜が選べるバルセットを訴求する。

ベーカリーは、売り場でパンを焼き上げる焼成機「ディバックオーブン」を近畿で初めて導入。品ぞろえや彩りなどに加え、香りでも商品力を訴求する。最大30種類で同店オリジナルの「だし巻ドッグ(海老江ドッグ)」や「焼そばたっぷりドッグ」を用意。

加工食品はスパイスや調味料など、売り場の各所にオーガニック商材を差し込んだ。また輸入菓子など「ワールドフード」をコーナー化。子育て世代向けには、アレルギー配慮商品の品ぞろえも充実した。さらに大豆関連商品をコーナー展開するほか、削り節や海苔などの乾物類も充実。

SMとしては世界初のAIスマート空調システムを導入。2階には噴水を設置した「芝生のひろば」で、今後はイベントも実施予定。さらにフードトラックカンパニーが、イオンスタイル初のキッチンカーによるフードパークを開業。なお、SC名称「イオンスタイル○○」(1〜10文字)を4月19日まで募集中。

初年度はSC計で来客数250万人(1日当たり7000人)を見込んでいる。

previous arrow
next arrow
農産は広いスペースで市場直送を訴求
ArrowArrow
Slider

WEB先行記事(スライド写真は11枚)

-関西, 小売

Copyright© フードウイークリーWEB|週刊食品 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.