THE FOOD WEEKLY

関西 展示会

春夏は〝ぶっかけうどん〟~関西メニュー提案会/三井食品

投稿日:2020年2月21日

粉末コオロギ入りの缶詰パン

大阪でメニュー提案会を開催

三井食品関西支社は2月20日、大阪市内で第30回関西メニュー提案会を開催。600社1300人(業務用40%、小売業30%、卸30%)が来場した。

日本の食を元気に、楽しくする「にっぽん元気マーケット」をテーマにした提案会は、275社・229小間(加食50、業務42、酒類45、低温8、総合26、オリジナル58)が出展。推奨オリジナル商品は、昨夏のテスト販売で好評を得た「ぶっかけうどん(カップ麺)」を今春から本格発売。新商品では簡便ながら本格テイストの「Calmドリップコーヒー(スペシャルブレンド、モカ)」を訴求した。さらに外食で人気の「築地銀だこ」の家庭用商品を、同社専売商品として提案。

「IMPORT FOODS&LIQUOR」では、酒類は大人気の「FRENCH DOG」ラベルのキャラクターを全面的に訴求し売り場の活性化策を紹介。自社輸入クラフトビールはシメイ、バラデン、リンデマンス各種。夏向きのリゾート企画では、プリモ、ヒナノ、マウイワインの3ブランドを強化。シメイビールとカレーのペアリングもコーナー展開。食品では日本初上陸のフィンランド・ファッツェル社の主力チョコレートブランド「カールファッツェル」「ゲイシャ」「ムーミン」を訴求。

このほか鹿児島の蔵元・佐多宗二商店の人気ブランド「刀」シリーズの「兼光」を、三井食品オリジナル芋焼酎として紹介。各地の有力メーカーを紹介する「にっぽん元気マーケット」では長野・高知・広島・岐阜・香川・佐賀・長崎・宮崎・大阪の人気商品を紹介。

「元祖 のび~る料理 本格アリゴ」では、チーズを使ったのびる料理が人気の傾向を受け、フランス・オーベルニュ地方の郷土料理「アリゴ」(マッシュポテトにチーズをミックス)に注目。「I Love IRELAND」では、アイリッシュウイスキーが世界のウイスキーブームを背景に脚光を浴びていることから、同国のウイスキー、ビール、サイダーをピックアップした。

環境にやさしい商品としては、話題の昆虫食(コオロギ)を粉末化し、パン生地に練りこんだ缶詰パンや、三井物産プラスチックによる脱プラスチック資材などを紹介。さらに「タンパク質オリンピック」や「ハニー オリンピック」を展開したほか、健康機能性の高い生鮮野菜や加工食品に注力し、合わせて「関西の野菜摂取アゲアゲ企画」も実施。多数の企画提案に、来場者は関心を寄せていた。

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

WEB先行記事(スライド写真は11枚)

-関西, 展示会,

Copyright© フードウイークリーWEB|週刊食品 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.