THE FOOD WEEKLY

イベント・講演 菓子

人生初CM!ノッポさんも「キットカット」紙化に感銘/ネスレ日本

投稿日:2019年11月6日

折り鶴で、想いを伝えるクリスマスイベント開催

竹内部長㊧とノッポさん

ネスレ日本は11月6日〜12月25日までの期間限定イベント「折り鶴で、想いを伝えるクリスマス」を、「キットカット ショコラトリー」銀座本店で開催。初日のセレモニーには、キットカットのテレビCMに出演するノッポさん(高見のっぽ)も登場した。

プラスチックごみの課題解決に向け、キットカットは主力商品の大袋タイプ5品の外袋を9月から紙パッケージに刷新。年間約380tのプラスチック削減を見込んでいる。紙化に伴い、パッケージで折り鶴を作りメッセージを書いて伝えるツールとしての利用も提案。10月3日に公開したCM「紙パッケージで、できるかな」篇には、NHKのかつての人気工作番組「できるかな」のノッポさん、ゴン太くんを起用し折り鶴を作る。

今回のイベントでは店内にクリスマスローズをモチーフにしたペーパーツリーを設置し、天井や窓もペーパークラフトを装飾。来場者はキットカットの紙パッケージで作った折り鶴にメッセージを書きツリー、天井に飾ることができる。

伊丹空港店、新宿髙島屋店、ラゾーナ川崎店、そごう広島店では11月16日からミニチュア版ペーパーツリーを店頭に設置し、ノッポさんのメッセージ入り折り鶴を飾る。なおイベントで使用した紙は、イベント終了後に全てリサイクルされ店舗配布用の記念品にする。

セレモニーでコンフェクショナリー事業本部竹内雄二マーケティング部長は、パッケージの紙化について「取引先、消費者から高評価を頂き、売れ行きも好調」と反響の大きさに驚きを見せた。2020年9月までに大袋全商品の紙パッケージ化、22年までに個包装も含め100%リサイクル可能、あるいはリユース可能な素材への変更を目指す。「イベントを通じ、プラスチックごみを考えるきっかけにしてほしい」と期待を寄せた。

またノッポさんは「できるかな」では話さないキャラクターだったが、この日は軽快なトークとともに紙パッケージを使った得意の工作を披露。意外にも今回が人生初CMとなったが、「ネスレのプラスチックゴミ問題に取り組む姿勢に感銘した」と出演の理由を明かした。自身も環境問題に関心を寄せ、「海洋動物がエサと間違え、プラスチックを食べる姿は見ていられない。優しい気持ちが溢れる世界になってほしい」と願った。

previous arrow
next arrow
Slider

WEB先行記事

-イベント・講演, 菓子

Copyright© フードウイークリーWEB|週刊食品 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.