THE FOOD WEEKLY

注目記事 小売 デジタル・IT/EC

1億超の会員基盤で経済圏拡大/KDDI×三菱商事×LM×ローソン

投稿日:2019年12月17日

ネットとリアル融合で新消費体験を創造

会員数1億超と国内最大級の基盤が生まれる

KDDI、三菱商事、ロイヤリティマーケティング(LM)、ローソンはそれぞれが持つ強みを集結させ、ネットとリアルを融合させた新しい消費体験の創造に挑む。

KDDIとLMは12月13日に資本業務提携を締結し、KDDIが三菱商事からLMの発行済株式の20%取得。また、KDDIとローソンは12月16日に資本業務提携を締結し、KDDIがローソンの発行済株式総数の2.1%に相当する211万株を市場買い付けで取得する予定。

今回の連携で目指す価値の創出は決済・ポイント関連と、新たな次世代型コンビニが主となる2点。決済・ポイント関連ではポイント、経済基盤を活用したデータマーケティングの共同推進で経済圏をより拡大させる。2020年5月以降、KDDIとLMは両社のポイントをLMのPontaに融合しIDの連携も推進。モバイル口座数2200万超、年間ポイント付与額2000億超、会員数1億超と国内最大級の基盤が生まれる。

Pontaアプリにスマホ決済サービスau PAY、au WALLETアプリにデジタルPontaカード機能を実装。相互の170万カ所に上る加盟店でPontaポイントの蓄積と、au PAYの利用を促進する。

一方、それに加えてKDDIとローソンではデータや金融サービスを絡めた次世代コンビニサービスの構築を目指す。2020年度内には、IDの連携によるマーケティング施策の実施のほか、来店者に利用期間に応じてサービスを提供するサブスクリプション型サービス、モバイルオーダー、ロボティクス無人受け取りの活用などラストワンマイルへの対応も推し進める。店頭では2020年5月以降、ローソンアプリにもau PAY機能を実装し、利便性の高い決済サービスも提供していく。

12月16日に都内で会見した三菱商事コンシューマー産業グループの京谷裕CEOは、「デジタル技術、ネットワーク分野での強いパートナーでネットとリアルを融合した新たな消費体験を創造していく」と業界の垣根を越えたアライアンス構築の必要性を強調した。

また、各社社長もそれぞれ登壇し、次世代に向けたビジネスやサービスを展望した。
KDDIの髙橋誠社長は、さまざまな産業のビジネスモデルが大きく変わり「通信がすべてのモノに溶け込むような時代が来る」と説明。LMの長谷川剛社長は「無駄のない消費社会構築の貢献活動は連携によりさらに加速する」と新しい価値の創造に意欲を示した。ローソンの竹増貞信社長は「3次元で考え、デジタルがハートを支える」と未来店舗創出に向けた考えを明らかにした。

WEB先行記事

-注目記事, 小売, デジタル・IT/EC

Copyright© フードウイークリーWEB|週刊食品 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.