THE FOOD WEEKLY

TOPICS 飲料

新しい地図の3人が分別を訴える/サントリー

投稿日:

ペットボトルは生まれ変わって返ってくる

発表会の様子(左から香取さん、草彅さん、稲垣さん)

「人と自然と響きあう」を企業理念に掲げ、2030年までに全世界でペットボトルの100%サステナブル化を目指すサントリーグループが、ペットボトルの回収、リサイクルの啓発活動を加速させる。

10月11日からは、昨年から展開している「♯素晴らしい過去になろう」プロジェクトの一環として「新しい地図」の稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾を起用した新テレビCM「ボトルは資源!」篇を放映。ペットボトル飲料は飲み切ったあと、キャップ、ラベルをはずし、中をすすぎ分別して捨てることで何度もペットボトルとして再生できることを訴求する。

またリサイクルの日の10月20日から26日には、渋谷マークシティ(東京都渋谷区)において参加型イベント「~みんなのボトルを、みらいへ!~生まれ変わって、次の人に届くペットボトルポスト」を開催する。郵便ポストに投函した手紙が大切な人に届くように、会場には回収ボックスをポストに見立てた「ペットボトルポスト」を設置。来場者が飲み終わったペットボトルを投函すると、リサイクル100%ペットボトルの「GREEN DA・KA・RA やさしい麦茶」680mlが手渡される。

イベント初日には都内で発表会を開き、CMに出演する3人がそろい「ペットボトルポスト」の取り組みを素晴らしいと絶賛。CMについても香取さんは、これまでも清涼飲料のCMに出演してきたが「飲んだあとのペットボトルに焦点を当てた内容は初めて」とコメント。稲垣さんも「ペットボトルは、ごみではなく資源だと知ってほしい」とCMの趣旨を説明した。CMで草彅さんはペットボトルを回収する清掃員を演じるが、「家でも屋外でも中をすすいで捨てると回収後の作業もスムーズ」と訴えた。

会場では、同日公開のWEB動画「みんなで♯素晴らしい過去になろう」篇も初披露された。3人がコミカルなダンスを踊りながら、リサイクルボックスにペットボトルを投入する様子を描き正しい分別を伝える。

「#素晴らしい過去になろう」プロジェクト特設サイト
https://www.suntory.co.jp/company/subarashiikako/
テレビCM「ボトルは資源」篇(公式YouTubeチャンネル)
https://www.youtube.com/watch?v=vgm7aqi8HG8
WEB動画「みんなで#素晴らしい過去になろう」篇(同)
https://www.youtube.com/watch?v=ZpPPPhDcKaw

previous arrow
next arrow
Slider

WEB先行記事

-TOPICS, 飲料

Copyright© フードウイークリーWEB|週刊食品 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.