THE FOOD WEEKLY

TOPICS 飲料

中田英寿がこだわったのは〝軽さ〟/ポッカサッポロフード&ビバレッジ

投稿日:

「加賀棒ほうじ茶」をリニューアル

イベントの様子(左から三枝取締役、中田氏、油谷代表)

軽さにこだわり、どんな食事にも合う

ポッカサッポロフード&ビバレッジが、地域応援ブランド「TOCHIとCRAFT」の「加賀棒ほうじ茶」(525mlPET/140円、275mlPET/115円)を3月14日からリニューアル発売する。

「加賀棒ほうじ茶」は、石川県ふるさと認証食品の「油谷製茶」が金沢発祥の伝統的な手法で焙煎加工した棒ほうじ茶を使用。棒ほうじ茶(茎茶)の香ばしさとコクを引き出したすっきりした味わいと、上品な香りが特長だ。今回のリニューアルでは石川県国立工芸館・名誉館長の中田英寿氏が味覚づくりに参加し、茎の配合を見直すなど香りと、すっきりした味わいを最大限引き出した。

3月8日には発売記念イベントをオンラインで開催し、中田氏がリニューアルのポイントを解説した。最もこだわったのは「軽さ」。お茶はおいしさを追求すると重みが出るが、おいしさを感じる香りを残しつつ軽い味わいに仕上げた。どんな食事にも合う味を目指し、「妥協しなかった」とコメントした。

油谷製茶の油谷祐仙代表も「中田さんの要求は非常に厳しかった」と振り返る。ただ要求が厳しいほど燃えるのが職人魂。火入れ具合の調整など、試行錯誤の末「最高の味が出来上がった」と満足げな表情を浮かべた。

ポッカサッポロの三枝裕昭取締役執行役員は「急須で入れるような味を、PETボトルで手軽に楽しんで欲しい」と提案。今後も「TOCHIとCRAFT」を通して、日本各地の素晴らしい文化を土地の方々と一緒に、飲料商品として広げることで応援する方針を掲げた。

「TOCHIとCRAFT」サイト
https://www.pokkasapporo-fb.jp/tochitocraft/

イベントには中田氏の盟友、前園真聖氏も登場

WEB先行記事

-TOPICS, 飲料

Copyright© フードウイークリーWEB|週刊食品 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.