THE FOOD WEEKLY

TOPICS 嗜好品

ダバダ~復活「ゴールドブレンド」CMにTOKIO/ネスレ日本

投稿日:2021年10月4日

♪ダバダでおなじみのCM楽曲も復活!

TOKIOの3人(左から国分さん、城島さん、松岡さん)

ネスレ日本は、「ネスカフェ ゴールドブレンド」〝違いをつくる人の〟キャンペーンをスタート。〝違いをつくる人〟としてTOKIOの城島茂、国分太一、松岡昌弘を起用した新テレビCMを10月4日から放映し、「ダバダ~」のフレーズでおなじみのCMソング「目覚め」も10年ぶりに復活した。

「ゴールドブレンド」は1967年に日本初のフリーズドライ製法を導入したコーヒーとして発売されて以来、時代の変化とともに求められる香りと味わいを追求し、日本のコーヒー文化の発展に貢献してきた。9月1日からはコーヒー豆の特長に合わせ焙煎する「スターロースティング製法」を採用し、全面リニューアルを図っている。

製品改良だけでなく70年から文化人を起用した、〝違いがわかる男の〟キャンペーンを皮切りに、その時代の人々の憧れとされるような生き方や価値観に焦点を当てたコミュニケーションを展開してきた。現代では、より良い社会の実現に向けポジティブな影響を与える活動が支持され、今回農業活動などで前向きな姿勢が印象的なTOKIOを起用する。

10月1日に都内で開催した発表会では、3人も駆けつけ新CM「スターロースティング製法」篇、「違いをつくる人の」篇の撮影エピソードなどを披露。今春、株式会社TOKIOを立ち上げ社長として奮闘する城島さんは「我々も時代に合わせ味わいを改良することで長く愛される、『ゴールドブレンド』のような存在になりたい」とコーヒーに負けない熱い思いを語った。

また深谷龍彦社長は、コロナ禍でコーヒーの飲用量が増えたことで、気分の高揚、リラックス効果も広く知られリニューアルのタイミングとしては好適だと説明。世界展開する「ゴールドブレンド」だが、日本が一番おいしいと自負しており「特に今回は、これまでと比べても歴然の差がある」と自信をにじませた。味わい、香りの違いを幅広い年齢層から人気があるTOKIOと、「ダバダ」のメロディーに乗せたCMでさらなる販売増加を期待する。

味わいに自信を見せる深谷社長

「ゴールドブレンド」が進化

パネルトークも展開

「ネスカフェ ゴールドブレンド」サイト
https://nestle.jp/brand/ngb/

WEB先行記事

-TOPICS, 嗜好品

Copyright© フードウイークリーWEB|週刊食品 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.