THE FOOD WEEKLY

TOPICS 嗜好品 外食

余りの辛さにハナコもギブアップ⁉/カフェ・ベローチェ

投稿日:

激辛ファンも悶絶必至の限定サンド

左からハナコの菊田さん、秋山さん、岡部さん

カフェチェーン「カフェ・ベローチェ」(運営:C-United)が、この夏実施する「本気のスパイシーフェア」(6月1日~8月31日)で激辛ファンに挑戦状を突き付ける。

目玉が、〝うまさ〟と〝辛さ〟を追及した2品のサンド。「焼きたてサンド やみつき旨辛タンドリーチキン」(税込450円)は、鶏モモ肉を使ったタンドリーチキンに、程よい酸味のサルサソース、粗切りハラペーニョを合わせた。そして「焼きたてドッグ 悶絶の激辛ブートジョロキア ~デスソースの刑~」(490円)は、世界トップクラスの辛さを誇るトウガラシ「ブートジョロキア」を使用したデスソースがたっぷりかかり、強烈な辛さが口の中に襲いかかる。

5月23日には春日駅前店でイベントを開催し、お笑いトリオ「ハナコ」(秋山寛貴、岡部大、菊田竜大)がフェアメニューの食レポに挑戦。「悶絶の激辛ブートジョロキア」を頬張ると、一口目こそ「おいしい」と余裕だったものの、徐々に顔を赤らめ苦悶の表情に。辛い物が得意だという岡部さんも「これは想像の百歩先をいく、脳天に突き刺さる辛さ」と、激辛ファンに忠告するほど。

その後、フェア限定スイーツ「ラムネ風トロピカルゼリー」「とろ~り濃厚マンゴーゼリー」(各420円)を口にすると、笑顔が戻り「激辛サンドと一緒に注文するべき」とセットで食べることを勧めた。

「カフェ・ベローチェ」サイト
https://c-united.co.jp/veloce/

previous arrow
next arrow
Slider

WEB先行記事

-TOPICS, 嗜好品, 外食

Copyright© フードウイークリーWEB|週刊食品 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.