THE FOOD WEEKLY

TOPICS 飲料 生鮮

JA全農の農業支援に参画/伊藤園

投稿日:2021年6月2日

第一弾「ニッポンエール 宮崎県産日向夏」を発売

伊藤園は、全国農業協同組合連合会(JA全農)と共同開発した果汁飲料「ニッポンエール 宮崎県産日向夏」(500gPET、140円。果汁1%)を6月7日から新発売する。JA全農が立ち上げた国内農業支援活動「ニッポンエール プロジェクト」の参画第一弾商品として、宮崎県産日向夏を取り上げる。

宮崎県の特産品である日向夏は、皮と果実の間にある白皮(アルベド)にほんのりした甘さがあり、酸味のある果肉と一緒に食べることで爽やかな香りとまろやかな風味が楽しめる。ただ全国的には知名度が低く、消費振興を課題としている。

新商品は、日向夏を最もおいしく食べられる酸味、糖度の値を参考に開発し、まるで果実を食べているような味わいを追求した。6月2日のオンライン会見で伊藤園マーケティング本部の志田光正本部長=写真=は、果実の再現性に苦心したと開発エピソードを披露。生産農家も「愛情もって育てた日向夏のおいしさを全国で味わってほしい」と強い思いを抱くが、期待に応えられる品質に仕上がったと自信を見せた。新商品を通じ日向夏ファンを広げ、生果の販売拡大にもつなげる考えだ。

JA全農とはこれまでも「毎日の健康茶(ティーバッグ)」「濃い健康青汁(粉末)」を共同開発しており、農業・農畜産物支援の姿勢をより強力なものにしようと同プロジェクトの最初の参画企業として手を挙げた。今後、大分県産カボス、高知県産ユズなどを使った飲料商品も計画しており、継続的な取り組みで国産農畜産物の認知と消費振興を目指す。

また宮崎県日向夏の生果が当たるキャンペーンも6月7日~7月30日まで実施する。「ニッポンエール」公式Instagramアカウントをフォローし、6月7日の投稿への「いいね」で応募は完了。抽選で100人に旬の取れたて宮崎県日向夏が当たる。

previous arrow
next arrow
Slider

「ニッポンエール」公式サイト
https://www.zennoh.or.jp/nippon-yell/
「ニッポンエール」公式Instagramアカウント
https://www.instagram.com/nippon_yell_official

WEB先行記事

-TOPICS, 飲料, 生鮮

Copyright© フードウイークリーWEB|週刊食品 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.