THE FOOD WEEKLY

TOPICS 小売

スーパーにキャッシュレス決済拡大/セブン&アイ

投稿日:2020年9月1日

人を介さない決済で安心・安全

カードリーダーにタッチして決済完了

キャッシュレス決済が浸透し、利用率も高まるが、世界各国では非接触決済が一般化する傾向にある。そんな中、セブン&アイ・ホールディングスは9月10日から順次、傘下のスーパーマーケット237店舗(2020年7月末時点)にキャッシュレス決済サービスを拡大。6社ブランドのクレジットカードの非接触決済と9ブランドのバーコード決済を開始する。

人を介した決済手段への不安を解消し、環境整備を進めることで便利で安心・安全なサービスを提供する。利用開始日は、イトーヨーカドーが9月10日から、ヨークマート、ヨークフーズ、ヨークプライス、コンフォートマーケットが9月16日から。

使用可能ブランド
■クレジットカード非接触決済

■バーコード決済

WEB限定記事

-TOPICS, 小売

Copyright© フードウイークリーWEB|週刊食品 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.