THE FOOD WEEKLY

TOPICS 小売 外食

昨年話題の“飲む茶碗蒸し”がさらにリッチに/にんべん

投稿日:

「季旬 鈴なり」店主・村田明彦氏が監修

今年もさまざまな夏の冷やしグルメが登場する中、昨年7月に期間限定メニューとして販売された“飲む茶碗蒸し”が、さらにリッチになって再登場する。かつお節メーカーの老舗、東京・日本橋に本店を構えるにんべん(東京都中央区、髙津伊兵衛社長)が、新宿荒木町の日本料理店「季旬 鈴なり」店主・村田明彦氏とコラボレーション。「飲む茶碗蒸し 2021本枯れ鰹節のせ」を、「日本橋だし場」(東京都中央区)で6月21日から期間限定での販売を開始した。

コロナ禍の外出自粛など、厳しい環境だった昨夏。新感覚冷やしグルメとして発売した「飲む茶碗蒸し」が当初想定を大きく上回る売れ行き(想定比300%)で、テレビ番組をはじめ、さまざまなメディアで紹介され話題を呼んだ。

今年は鈴なり村田明彦氏監修のもと、さらに磨きをかけて再発売。トッピングに、かつお節の中でもプレミアムな本枯鰹節を使用した。また、たまご感もアップし、味わいや風味の点でも昨年のおいしさを超えるリッチな仕上がりに。さらに昨年と同じく、だしとの相性抜群な「クリスマス島の塩」を使用。ひんやり、なめらかな新食感ドリンクメニューとして、東京・日本橋の新たな風物詩となりそうだ。

にんべん 日本橋本店/日本橋だし場
住所: 東京都中央区日本橋室町2‐2‐1 COREDO 室町1・1 階
TEL: 03-3241-0968
営業時間の最新情報は、同社公式HPで。
https://www.ninben.co.jp/

WEB先行記事

-TOPICS, 小売, 外食

Copyright© フードウイークリーWEB|週刊食品 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.