THE FOOD WEEKLY

TOPICS 飲料

「ポッカレモン」が進化、冷凍カットレモンで新領域へ/ポッカサッポロ

投稿日:2020年2月21日

健康感や料理への活用が追い風に

新商品の冷凍ポッカレモン

ポッカサッポロフード&ビバレッジは2月21日に都内で説明会を開催。レモン食品事業部の平手元広部長が事業戦略を打ち出した。

同事業は祖業商品「ポッカレモン」をはじめ食品、飲料など幅広くラインアップする同社の中核事業だ。原料産地から加工、製品開発、機能研究、啓蒙活動を展開。近年は商品のみならず食シーン提案やレモンを使った学習体験、情報発信にも注力しトータルレモンカンパニーを標榜する。2019年の売り上げは事業計で250億円(前年比108%)と好調。レモンの健康感や料理への活用、外食ではレモンサワーなどのメニューの広がりに追い風が吹き、今後も「モノ」「コト」の融合による需要喚起策を図っていく。

平手部長

昨年は国内最大のレモン生産地である広島県と連携。国産レモンの需要が高まる一方、農業従事者の高齢化、耕作放棄地が課題とされる。そこで同県大崎上島町でレモン栽培を開始。国産レモンの生産振興に向けたプロモーションを通じて、広島における地域共創に取り組む。

順調な売上げを見せる

広島で国産レモン生産開始

今春は新商品も充実。「ポッカレモン」から「冷凍ポッカレモン そのまま使えるカットレモン」(200g/オープン価格)を2月24日から関東1都6県で発売。南アフリカ産レモンを「22.5°カット製法」(特許出願中)で8個にくし切りし急速冷凍。洗う、切るといった手間がなく、そのまま安心して飲料や料理に使える。

飲料では昨年は冷夏の影響で総市場が前年を下回る中、主力ブランド「キレートレモン」は堅調に推移。平手部長は「甘さ離れ、女性向け商品が働く女性の増加で一層活性化した」と分析。今年もレモンの果汁感、すっぱさを強調した2商品を発売する。

「キレートレモン ダブルレモン」(500mlPET/140円。3月30日発売)はレモン2個分の果汁(レモン果汁15%)とビタミンC1000㎎、クエン酸3000㎎を配合した。機能性表示食品「同 クエン酸2700」(155ml瓶/130円。3月9日発売)は、レモン1個分の果汁、ビタミンC1350㎎、機能性関与成分のクエン酸2700㎎配合。レモンの酸味と炭酸の刺激による、リフレッシュ効果を訴求する。

PR活動では盛り上がりを見せるレモンサワーの「レモンサワーグランプリ2020」を4月23~26日まで東京・新宿で開催予定。好評を得たレモンサワーグランプリ18、19の上位入賞店のレモンサワーを提供しレモンのファン拡大を目指す。

冷凍で使いやすくお菓子作りにも便利

幅広いラインアップ

WEB先行記事

-TOPICS, 飲料

Copyright© フードウイークリーWEB|週刊食品 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.