THE FOOD WEEKLY

Pickup 生鮮 小売

夏バテ防止に需要増 7月1日うなぎ販売開始/イオンリテール

投稿日:2022年6月27日

今夏「土用の丑」は7月23日と8月4日

イオンスタイル品川シーサイド店では一足早く店頭販売スタート(6月23日)

夏の風物詩でもある「土用の丑の日」に食べるうなぎ。
今年の「土用の丑」は7月23日と8月4日で、例年よりも早く真夏日・猛暑日が到来したことから夏バテ防止に「うなぎを2回食べる」人が増えるのではないかと予想されている。

「トップバリュ グリーンアイナチュラル うなぎ蒲焼 大サイズ」は1980円と2080円を用意

「うなぎ白焼き」のアレンジメニュー

カツ丼風のアレンジメニュー

イオン・イオンスタイル約350店舗の店頭とネットスーパー拠点約240店舗では、7月1日から「土用の丑の日」向けのうなぎ各種を販売開始する。

今年は一番人気「トップバリュ グリーンアイナチュラル うなぎ蒲焼 大サイズ」を昨年より一回り大きいサイズも提供し、家族でシェアできる「同 特大サイズ」は過去最大の5万尾を用意する。いずれも取り扱い証明のあるシラスウナギ(稚魚)を自社施設で生育した鹿児島県産。抗生物質や合成抗菌を使用せずに育て、着色料や保存料も無添加。

また近年、人気上昇しているのが、タレをつけずに素焼きした静岡産の「うなぎ白焼き」。
新型コロナ発生以降に家飲み需要の酒の肴としてのニーズが急速に高まり、特に中高年男性のファンが多いという。ふっくらとした焼き加減や繊細な味を味わうには冷酒が合い、日本酒も一緒に購入する客が増えた。
今年は若者向けに「白焼きのチーズホイル焼き」「トマトチーズのせ」や、メイン具材を白焼きにした「手巻き寿司」などのむアレンジメニューも紹介する。

毎年恒例の「代替蒲焼」は、今年はアイルランド産子持ちカラフトししゃもを使用した「トップバリュMSC認証 子持ちからふとししゃも 蒲焼風甘辛たれかつ」。
アイスランド産子持ちカラフトししゃもは2年の禁漁期間を昨年終えたばかりで、禁漁前に比べるとサイズ・味ともに最高品質。価格も100g当たり198円とお手頃なうえ、水産資源と環境に配慮した持続可能な漁業で獲られた天然水産物の証であるMSC認証を取得している。
若者向けに「蒲焼風甘辛たれかつ丼」「蒲焼風甘辛たれかつサンド」などのアレンジメニューも考案した。

なお、発売開始日は商品により異なり、すでに先行販売中の関連商品やギフト用もある。
予約販売は7月14日まで受け付け、WAONポイント5倍キャンペーンを実施する。

イオン「うなぎ」特設サイト
https://chirashi.otoku.aeonsquare.net/pc/chirashi/unagi/

WEB先行記事

-Pickup, 生鮮, 小売

Copyright© フードウイークリーWEB|週刊食品 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.