THE FOOD WEEKLY

関西 小売

福島まるごとフェア 近畿地区店舗で盛大に/イオンリテール

投稿日:2022年8月1日

3年振りに内堀知事来阪

右から井出社長、箭内さん、内堀知事、渡部俊男JA全農福島県本部長、伊藤さん

イオンリテールは7月29~31日まで、近畿地区のイオンりんくう泉南店、イオン日根野店、イオン堺北花田店、イオンスタイル堺鉄砲町の4店舗で「まるごと福島フェア~ふくしまプライド。~」を開催。福島の地場産品を盛大に訴求した。

今年で6回目を迎えた同フェアでは、福島産品の販路拡大や観光振興の寄与を目的としたもの。「このうまさ、お墨付き。福島県産。」をテーマに出荷がピークを迎える「あかつき」を中心とした桃や、粒ぞろいが良く光沢のある福島県オリジナル品種のコメ「天のつぶ」、柔らかな肉質の「福島牛」などを販売。また、りんくう泉南店の主力催事としては水産コーナーで、市場を経由せずに鮮度を保持したまま店頭に入荷する「福島鮮魚便」、リカーでは「奥野松酒造 特別純米」など地酒フェアを展開した。

7月30日には、りんくう泉南店で3年振りの来阪となる内堀雅雄福島県知事を招き、開催記念セレモニーも実施。イオンリテール・井出武美社長も駆けつけた。内堀知事は「地元産品の魅力を発信しようと生産者が頑張っており、その誇りを〝ふくしまプライド〟の言葉で示している」として、国内生産量2位の桃の品質や夏場には生産量1位となるキュウリほか、アクアパッツァ用の水産品セットなどを訴求した。

ステージでは、井出社長が「多くの産品とイベントを合わせ、福島県をよく知って欲しい」と呼びかけたほか、福島県出身の女優・箭内夢菜さんやミスピーチキャンペーンクルーの伊藤愛理さんも登壇し、それぞれが福島産品について話した。桃が当たる抽選会や店内では催事業者11店舗が出店したコーナーが設けられ、ガラポン抽選会も行われた。

previous arrow
next arrow
Slider

WEB限定記事

-関西, 小売

Copyright© フードウイークリーWEB|週刊食品 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.