THE FOOD WEEKLY

Pickup 嗜好品 小売

新機能でセブンカフェがさらに進化/セブン‐イレブン

投稿日:2022年7月4日

3つの味が選べて焙煎も改良

セブンカフェ 新型コーヒーマシン

セブン―イレブン・ジャパンが店頭で展開する、セブンカフェが進化した。セブンカフェマシンでホット/アイスコーヒーの定番ブラックを購入する際、「軽め」「ふつう」「濃いめ」が選べる新機能を追加し7月4日から販売を開始した。

初日に都内で概要を説明した商品本部の園田康清氏は、コーヒーの粉の量は変えず抽出方法を工夫することで香り重視の「軽め」、バランスが取れた「ふつう」、コク重視の「濃いめ」が選べることに胸を張った。セブンカフェ購入者の約20%は1日2杯以上購入しており、「朝昼夜や好み、気分に合わせ細かなニーズに対応できる」と自信を深めた。

新機能に合わせ、コーヒー豆のブレンドと焙煎もリニューアル。グアテマラ、タンザニア、コロンビア、ブラジルの産地はそのままに、より香りを強調するためホット用は華やかな香りのタンザニア、アイス用は甘く芳醇な香りのグアテマラの比率を高めた。焙煎も従来の中煎り、中深煎り、極深煎りの「トリプル焙煎」から、深煎りを加えた「クワトロ焙煎」を採用することでより奥行きのある味わいになった。税込でホットR110円/L180円、アイスR110円/L210円。

7月4日はくしくもコーヒーの値上げ(10~20%増)と同日となったが、「新機能の計画は以前から進行しており、値上げに合わせたものではない」と否定。今後も生活者の嗜好、トレンドに沿った味づくりを進めていく考えを示した。

「セブン‐イレブン」サイト
https://www.sej.co.jp/index.html

「細かいニーズに対応できる」と園田氏㊨

シーンに合わせ味わいをチョイス

WEB先行記事

-Pickup, 嗜好品, 小売

Copyright© フードウイークリーWEB|週刊食品 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.