THE FOOD WEEKLY

関西 小売

守口滝井店をオープン/ライフコーポレーション

投稿日:

衣食住がそろう大型店

ライフ守口滝井店

ライフコーポレーションは7月9日、大阪府守口市内2店舗目となるライフ守口滝井店をオープン。売り場面積2295㎡、初年度売上高24億円と、近年の近畿地区における同社単独の新規店舗としては、久しぶりの大型店となる。

近畿162店舗目、全社290店舗目。京阪本線滝井駅、大阪メトロ谷町線・今里筋線太子橋今市駅に近くアクセスは良好。500m圏内は若年層や高齢者など単身者が多く、1㎞圏内には新築の戸建て・ファミリーマンションが増えており、世帯数も増加傾向。平日は時短・簡便、週末は家族団らんをテーマとした売り場編成で、来店客の生活サポートに注力する。

単身・共働き向けの時短・簡便商品として、農産ではオイシックスの野菜豊富なミールキットをそろえた。畜産でも「具だくさん皿うどんセット」などミールキットを強化。水産はサバ、サワラで骨取り済み魚の冷凍切り身を提案。同じく冷凍で「魚屋の海鮮丼」をコーナー展開。さらに「お魚屋さんの漁師飯」とした丼メニューも提案。対面販売によるマルシェ感も演出している。

冷食は通路2本分の売り場で日々の食卓をサポートするほか、まとめ買い需要に向けた大容量商品、BIO―RAL冷凍ミールキットなど品ぞろえが充実。デリカ、インストアベーカリーも解放感を重視した対面販売を導入。店内調理の鉄板焼きメニュー、健康志向やアジアンメニューなどの店内手作り弁当を強化した。商圏内にCVSが少ないため、具だくさんおにぎりやサンドイッチ、ハンバーガーも豊富にそろえている。また、こだわり・ご当地のプリンコーナーなどデザートにも注力し、コンビニスイーツ需要に応える。

2階の非食品ではペットフードを強化。「BIO―RALおやつピューレ」やライフ初導入となる冷凍ペットフードも展開。生活関連では人気のアジアンコスメをそろえ、衣料品はMIZUNOブランドを集合展開。また人気キャラクター・ブランドの雑貨を「Breeze Garden」として提案。

周辺2㎞圏内には同社店舗が4店舗ありドミナントを形成。競合は1㎞圏内に万代やマックスバリュなど8店舗ほどみられるが、衣食住にドラッグをそろえる店舗は少なく、ワンストップショッピングの魅力で差別化を図る。

【概要】店長/辻光彦▽従業員/112人(社員22人)▽駐車台数/85台▽営業時間/9時30分~23時(2階は21時)▽売上構成比(%)/農産11.3、水産8.0、畜産10.0、デリカ10.3、ベーカリー2.5、日配18.2、加食24.9(うち菓子3.9、酒類6.1)、生活関連11.0、衣料3.8▽総アイテム数/2万8380(食品9480)

previous arrow
next arrow
Slider

WEB限定記事

-関西, 小売

Copyright© フードウイークリーWEB|週刊食品 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.