THE FOOD WEEKLY

関西 小売

三ノ宮に大型商業施設/阪急電鉄・阪急阪神不動産

投稿日:

新駅ビル4月に開業

阪急電鉄と阪急阪神不動産は、兵庫県三ノ宮地区の駅直結型新施設の名称を「神戸三宮阪急ビル」と決め、4月26日に開業することを1月27日に発表した。対象となるのは旧神戸阪急ビル東館および阪急神戸三宮駅高架下店舗の区画。現在リニューアル工事を進めており、兵庫の中心エリアにおける久々の大型開発案件として関係者の関心を呼んでいた。

新ビルは地下3階・地上29階建て。4〜15階はオフィスフロア、17〜28階は宿泊主体型ホテル「レムプラス神戸三宮」(阪急阪神ホテルズ)、29階は展望フロア、レストランが開業する。そして地下2階〜3階には大型商業施設「EKIZO神戸三宮」が誕生。異国情緒(エキゾチック)が漂う港町神戸に位置する駅(エキ)と一体の施設という特性から命名され、35店舗が出店する。=写真は建設中の新ビル

核テナントは地下2階に出店する食品スーパー「阪急オアシス」(阪急オアシス)。さらに地下1階にはグローサラント「キッチン&マーケット」が兵庫初出店。市場のような活気、買ってその場で食せるイートインなどが自慢。駅高架下を中心とする飲食ゾーンには名店が集結し、新業態は8店舗。世界各国のクラフトビールが楽しめる本格的なビアホール「BEER&GRILL コウベビアハウゼ」、大阪・福島で人気の割烹もう利の新業態「酒場 酒ト魚ト汝ト私」、神戸北野の人気ビストロなどが登場する。

新ビルの外観は旧神戸阪急ビル東館のイメージを継承。東側低層部には大きなアーチ窓や円筒形のコーナー部分を配置。さらに神戸市営地下鉄との乗り換えの利便性向上のため、エスカレーターやバリアフリー対応のエレベーターを増設する。

【神戸三宮阪急ビル】住所:神戸市中央区加納町4-2-1▽敷地面積:約7100㎡▽延床面積:約2万8850㎡(ビル部分)、約5500㎡(高架下部分)▽高さ:約120m。

WEB限定記事

-関西, 小売

Copyright© フードウイークリーWEB|週刊食品 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.