THE FOOD WEEKLY

関西 小売

新SC「イオンそよら海老江」誕生/イオンリテール

投稿日:2020年8月7日

既存店活性を見据え、23年に10店体制へ

新業態の名称は「イオンそよら」

イオンリテールは8月7日、都市型の新ショッピングセンター(SC)の名称が〝イオンそよら〟に決定。同日にオンライン説明会が行われた。3月にオープンした「イオンスタイル海老江」(大阪市福島区)を核とする商業施設が、新業態1号店「イオンそよら海老江」となった。

同社では従来のGMSを核とした店舗展開は、現在の都市部の需要にそぐわないとして、新たな都市向けフォーマットを模索していた。また、2006年の都市計画法改正以降、大規模施設の出店エリアが制限され、小型GMSフォーマットづくりを余儀なくされたことも背景にある。

そよら業態は10㎞商圏を基本とし、敷地は1~1.7万㎡、SMを核にテナントは10~40件程度をそろえる。東名阪の三大都市圏および政令指定都市の中心地に近いエリアへ出店していく。

物販だけでなく、体験や学びなど日常に必要な10機能(SM、生活サポート、ファーマシー、ベーカリー、ランドリー、雑貨・日用品、メンテナンス系サービス、習い事、シェアスペース、クリニック)を備える。また、テイクアウト・デリバリー専門店やネット注文の受け取りサービス機能も充実させる。来年までに海老江を含め3出店を、23年には10出店を目指す。

同社は全国で約400店舗を有しており、ダイエーや旧マイカル店舗などの古い店舗は老朽化が進んでいる。そよら業態には、立地は良いが再生が必要な既存店の活性策の側面もあり、出店の10店舗のうち3分の1程度はリニューアルに適用する。新規・改装と合わせ、1店舗当たり平均投資額は30億円を想定。なお、関西圏であればダイエーや光洋など、グループ店舗との競合も予想されるが、ドミナントで商圏全体を抑えていく方針。

海老江店2階の芝生広場で除幕式

土谷支社長は新業態が大阪からスタートすると呼びかけ

また会見同日に行われたそよら海老江での名称発表イベントでは、近畿カンパニー・土谷美津子支社長が、地元住民などの参加者に「全国の都市部へ展開する新SCが、ここ大阪の海老江からスタートする」と呼びかけた。名称はイオンスタイル海老江のオープンに合わせ、一般から公募。全国の応募から選定し「そら、寄って、楽しんでって!」に由来している。

WEB先行記事

-関西, 小売

Copyright© フードウイークリーWEB|週刊食品 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.