THE FOOD WEEKLY

関西 その他

コンニャクの画期的製法を共同開発/月桂冠×藤清

投稿日:2020年6月29日

念願の味染み課題を解決

特許「ちぢれ風製法」により製造した糸こんにやく(上)と通常の糸こんにゃく(下)

月桂冠(京都府京都市、大倉治彦社長)と同社グループの藤清(京都府城陽市、嶋川賢一社長)は、コンニャクの画期的製法を共同開発し、特許権(特許第6700467号)を5月7日付で取得。業界の念願だった「味がなかなか染みこまない」という課題を解決した。

同特許「ちぢれ風製法」は、糸状に成型する際に通す目皿の穴の大きさや配置・個数に工夫を凝らした。太めのもの1本、細めのもの2本の計3本が糸状となって押し出され、同時に絡まるように成型。硬度や太さの異なる糸こんにゃくを複数本ランダムに絡め合わせることで、通常の糸こんにゃくに比べて縮れた状態になり、微妙な隙間で調味料の味しみが25%アップする。

糸こんにゃく成型のために穴の大きさや配置を工夫した目皿

太さの異なる3本のこんにゃくを絡めて成型

開発はこんにゃく製造に強みを持つ藤清が、製品分析や評価などは月桂冠が担った。タレ絡み試験のほか、新製法の糸こんにゃくを細かく刻んで板こんにゃくに40%配合し、味付けして通常の板こんにゃくと比較した。味覚センサー分析によると特に「コクのある味わい」「味わいの広がり」が強調されることが判明。官能検査でも通常の板こんにゃくと比べて有意に味の染み込みが良くなることを確認した。

WEB限定記事

-関西, その他

Copyright© フードウイークリーWEB|週刊食品 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.