THE FOOD WEEKLY

イベント・講演 健康・栄養 乳製品

毎日の牛乳摂取でサルコペニア予防を/日本乳業協会

投稿日:2020年2月19日

「牛乳・乳製品から食と健康を考える会」100回記念講演

日本乳業協会は2月17日、第100回「牛乳・乳製品から食と健康を考える会」を東京・ホテルグランドパレスで開催。乳業メーカー、関係団体など約90人が参加した。

日本乳業協会の西尾啓治会長(雪印メグミルク社長)は「考える会では、これまで食に関するさまざまなテーマを取り上げ、情報の共有化を図ってきた。引き続き、牛乳・乳製品に関する情報発信に努めていきたい」とあいさつ。

日本乳業協会の西尾会長

東京都健康長寿センター研究所の成田氏

記念講演では、東京都健康長寿医療センター研究所社会参加と地域保健研究チームの成田美紀氏が「牛乳・乳製品の摂取習慣と高齢期の健康について」をテーマに、高齢者における牛乳・乳製品と食品の摂取状況を追跡調査した研究結果を発表。

普通乳または高脂肪乳を毎日コップ1杯以上摂取する人は、筋肉や骨に必要な栄養素を充足でき、サルコペニア罹患に防御的であることを示唆した。さらに、日頃から牛乳・乳製品を摂取する習慣に加え、多くの食品を食事に取り入れることで、フレイルや認知機能の低下予防に役立つ可能性を明らかにした。

WEB先行記事

-イベント・講演, 健康・栄養, 乳製品

Copyright© フードウイークリーWEB|週刊食品 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.