THE FOOD WEEKLY

イベント・講演

都内小学校で「だしを味わう和食の日」出前授業 /和食文化国民会議

投稿日:

11月24日は「和食の日」

和食給食を楽しむ塩川農林水産省食料産業局と児童

「和食の日」(11月24日)を前にした11月22日、東京・新宿区立津久戸小学校で和食給食が提供され、塩川白良農林水産省食料産業局長、和食文化国民会議(以下、和食会議)の後藤加寿子副会長らが同校を訪れた。

和食会議が取り組む「だしで味わう和食の日」の出前授業が5年生の生徒に行われ、田島寛和食会議専務理事が講師を務めた。授業では鰹と昆布の合わせ出汁の試飲のほか、干しえびやにぼしなど、全国各地で使われるだしの素材を紹介。給食にはごはん、みそ汁に東京都産の人参、大根、里芋を使用した豚肉と根菜の煮物、鮭の塩麹焼き、野菜の塩昆布和えなど、旬の食材とだし汁を活かした和食メニューが提供された。

田島専務理事が講師を務めた出前授業の様子

鰹と昆布の合わせ出汁を試飲する児童

当日提供された和食給食

WEB先行記事

-イベント・講演

Copyright© フードウイークリーWEB|週刊食品 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.