THE FOOD WEEKLY

イベント・講演 乾物

海苔とふりかけ使って一汁三菜の和食が簡単調理/大森屋

投稿日:

第2回「和食の日記念!和食作り体験・親子食育教室」を開催

最後は全員で記念撮影

大森屋はレシピサイトNadia(運営OCEN‘S)と共同で、「第2回和食の日記念!和食作り体験・親子食育教室」を11月24日の〝和食の日〟に都内で開催。10組20人の親子が参加した。

大森屋の稲野達郎社長が冒頭挨拶

開催を前に稲野達郎社長が海苔の出来るまでの話を子どもたちに説明し、参加した親子らは熱心に耳を傾けていた。講師には昨年に続き〝ちょりママ〟こと西山京子氏を迎え、海苔やふりかけを使った簡単レシピを実演。参加した子供たちのうち男の子が6人とあって、2人の子育てママでもある西山氏ならではのコミュニケーション力。子供たちもリラックスムードの中で、西山氏は「お米を研ぐお手伝いができたら、ママはすごく喜ぶと思う」とママを喜ばせるコツをアドバイスするなど、軽快なテンポで実演を進めた。

今回、紹介されたメニューは、仕上げにぱりうま焼おかずのりを巻く「鶏肉の磯辺巻き照り焼き」、味付に緑黄色野菜ふりかけを使う「鮭のふりかけ包み蒸し」、誘惑のふりかけで和えるだけの「誘惑のふりかけキャベツ」、小魚ふりかけ、カリカリ梅赤しそを使った「ふりかけなじむオイルおにぎり」の4種類。いずれも小さな子どもでも手作りできる簡単なレシピとあって、参加した親子らは楽しそうに調理。最後は豚汁を添えて、出来上がった料理を楽しそうにいただいた。

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

WEB先行記事(スライド写真は11枚)

-イベント・講演, 乾物

Copyright© フードウイークリーWEB|週刊食品 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.