THE FOOD WEEKLY

イベント・講演 カレー・シチュー

今年の優勝は「秋葉原カリガリ」/神田カレーグランプリ

投稿日:2019年11月5日

エスビー食品は「カレーのコクと香り」の体験ブース出展

今年は秋葉原カリガリが優勝!

第9回神田カレーグランプリが11月2・3日、東京都千代田区の小川広場で開催され、エスビー食品が今年も最大規模で出展。「カレーのコクと香り」の体験型ブースを出展し来場者にアピールした。

昨年も4万人以上が来場した全国屈指のカレーの祭典。エスビー食品は毎年会場へのブース出展をはじめ、優勝店のカレーをレトルトカレーとして商品化するなど強い関わりを持ってきた。

今年は「カレーのコクと香りの体験」をテーマに、新しくなった「フォン・ド・ボー ディナーカレー」の〝コク〟と、カレー粉ブレンド体験によるカレーの〝香り〟を実感できる体験型ブースで来場者を迎えた。

カレー粉ブレンド体験では、7種のスパイス&ハーブが織りなす香りの魅力を体験。そして、ディナーカレーのおいしさのルーツでもある「フォン・ド・ボー」のコクをスープで試食。2日間で定員分の960食が用意され、会場では整理券を求める来場者が絶えなかった。

また会場内では「神田カレーグランプリ」優勝店のレトルトカレーシリーズの販売も行われた。

なお、会場には今年も神田界隈に400店舗あるとされるカレー店の中から20店舗が出店。各種ステージイベント等も行われ盛り上りを見せた。そして2日間の来場者投票の結果、「秋葉原カリガリ」のSPあいがけカレー(カリガリ×夢眠書店カレー)が優勝した。

食品業界からも新進、キリンビバレッジ、宇佐美麦酒製造、パルシステム、三井食品、ホテイフーズコーポレーション、ホリカフーズ、東洋水産、おやつカンパニーが協賛。三井物産は特別協賛。また、今年から会場の混雑緩和に向けた事前注文アプリ「menu」が参画していた。

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

WEB先行記事(スライド写真は13枚)

-イベント・講演, カレー・シチュー

Copyright© フードウイークリーWEB|週刊食品 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.