Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
THE FOOD WEEKLY

イベント・講演 嗜好品

オリジナル紅茶レシピで№1決める/日本紅茶協会

投稿日:7月10日

「おいしい紅茶の店 チャンピオンシップ2019」も初開催

日本紅茶協会堺弘行会長㊧と優勝した冨士岡さん

日本紅茶協会(堺弘行会長)は、恒例の「ティーインストラクター・オブ・ザ・イヤー 2019」を、7月5日に横浜市内で開催した。

紅茶の普及啓蒙を目的に協会認定ティーインストラクターがオリジナル紅茶レシピを競う。今回は「夏を快適に」をテーマに7人が参加。制限時間20分のデモンストレーションの中で各人がレシピを披露し、味わいと創作への思いを説明した。

厳正なる審査の結果、優勝(賞金10万円)は冨士岡直子さんの作品「スパイス香る茗荷のティーフローズン」に決定。茗荷は幼少期から馴染みのある食材で、爽やかな風味が紅茶にも合うと思いレシピに加えた。冨士岡さんは「紅茶は少しのポイントでおいしくなる。賞を励みにこれからも、紅茶を広めていきたい」とコメントした。

また、今回は「おいしい紅茶の店 チャンピオンシップ2019」も初開催。全国232店舗の中から選りすぐりの4店舗が参加し、ディンブラのアレンジティー、ダージリンファーストフラッシュの抽出を競った。初代王者には「紅茶専門店 TEAS Liyn—an」(愛知県尾張旭市)が選ばれた。

冨士岡さんのデモの様子

茗荷のアクセントが高評価に

協会会員企業もサポート

WEB先行記事

-イベント・講演, 嗜好品

Copyright© フードウイークリーWEB|週刊食品 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.