Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
THE FOOD WEEKLY

展示会 酒類 国際

外交150周年記念でワインセミナー/ハンガリー大使館

投稿日:2019年11月20日

国分グループ本社が共催

産地の特徴を生かした「ボグナール」

今年、日本とハンガリーは外交関係150周年を迎え、11月19日に東京都港区のザ・プリンス パークタワー東京で、ハンガリーワインセミナー・試飲会(ハンガリー大使館、国分グループ本社共催)が開催された。

パラノビチ・ノルバート駐日ハンガリー大使

マスターオブワインのエリザベス・カベイ

冒頭あいさつでパラノビチ・ノルバート駐日ハンガリー大使は、外交関係150周年について触れ、協定3日後にハンガリー製品の展示会が開かれ、その中心はワインだったと150年前を振り返った。「世界的にも魅力的なワインは多くあるが、これまでマーケティングが上手ではなかった」とし、専門家の力を借りてハンガリーワインの魅力をより伝えていきたいと話した。

セミナーではワイン界のMBAとも称されるマスター・オブ・ワインのエリザベス・カベイ氏による「ハンガリーワインの魅力とは何か?」を講演。ハンガリーワインの歴史、ブドウの産地や独自品種などの基礎知識を紹介。大量生産を主としていた社会主義時代を経て、創造的なワイン製造へと移り変わった時代の変遷を辿った。

ハンガリーワインの一番の特徴は、しっかりとした〝酸味〟にある。また、タンニン(ポリフェノール)がきめ細かく、アロマティックさやフルーティさが出るという。

カベイ氏は魅力の発信に際し、相性の良い日本食メニューを探求。フレッシュな酸味を考慮してサンマやホッケのほか、寄せ鍋(ポン酢)と合わせるアイディアを披露した。

previous arrow
next arrow
日本との外交関係開設150周年
Slider

WEB先行記事

-展示会, 酒類, 国際

Copyright© フードウイークリーWEB|週刊食品 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.