THE FOOD WEEKLY

TOPICS 環境 生鮮 小売

青果の見切り品を「まちぼうけコーナー」で販売/バンダイ・イトーヨーカドー

投稿日:

木場店で食品ロス削減企画10月27〜30日期間限定実施

バンダイのトイカプセル「ガシャポン」とイトーヨーカドーの青果売り場が、10月30日「食品ロス削減の日」に向けて夢のコラボ!

イトーヨーカドー 木場店(東京都江東区)では、野菜・果物を陳列する際や品質確認時に、傷・汚れが目立つものや賞味期限が近付いたものを30〜50%程度値引きして販売する「見切り品」コーナーを、青果売り場付近に設けている。 しかし「見切り品」は、毎日・時発生するとは限らないため不定期でのコーナー設置であり、加えて「買いにくい」と思う人も少なからずいるようだ。そのため最終的に廃棄処分となる場合もあり、食品ロスとなってしまう。このような現象は同店舗のみならず、全国各地で日々起きていることだろう。

バンダイでは、今年発売45周年を迎えた「ガシャポン」記念事業の一環として、「ずっとあなたを待っている…」がコンセプトの擬人化フィギュア「まちぼうけ」シリーズの野菜バージョンおよび、きのこバージョンを活用。誰かを待っているけなげな姿が「見切り品コーナー」の食品たちと重なり、食品ロス削減の本企画に起用した。

イトーヨーカドー 木場店の青果売り場では10月27〜30日の期間中、値引きした食品を陳列する「まちぼうけコーナー」を設置。 同コーナーはこれまでの「見切り品コーナー」と同じ場所で、名称を「まちぼうけコーナー」に変更したもの。「まちぼうけ」野菜バージンおよびきのこバージョンのフィギュアパネルで装飾した特製棚には、値引きされた「見切り品」ならぬ「まちぼうけ品」の野菜や果物が陳列され、買い物客の目を引いていた。
なお、特製棚の両脇にはガシャポン機が置かれているが、ガシャポン自体は販売していない。

イトーヨーカドー 木場店では「見切り品コーナー」の名称を変更したのは今回が初めて。
試験的な試みとして期間限定で実施するが、今後については客の反響次第で、第2弾や他店舗での実施を検討する方針。
また、バンダイでも「野菜やきのこの擬人化キャラクターを用いることで、見切り品だけでなく食品ロス削減そのものにも興味を持ってもらえると思う。イトーヨーカドーに限らず、社会課題解決に向けた活動を幅広く行っていく」としている。

バンダイ ガシャポン「まちぼうけ」シリーズ 野菜の場合①
https://gashapon.jp/products/detail.html?jan_code=4549660589075000

バンダイ ガシャポン「まちぼうけ」シリーズ 野菜の場合②
https://gashapon.jp/products/detail.html?jan_code=4549660726777000

バンダイ ガシャポン「まちぼうけ」シリーズ 野菜の場合③
https://gashapon.jp/products/detail.html?jan_code=4549660777779000

バンダイ ガシャポン「まちぼうけ」シリーズ きのこの場合
https://gashapon.jp/products/detail.html?jan_code=4549660777793000

バンダイ「ガシャポン」公式サイト
https://gashapon.jp/

イトーヨーカドー 木場店
https://stores.itoyokado.co.jp/209

WEB限定記事

-TOPICS, 環境, 生鮮, 小売

Copyright© フードウイークリーWEB|週刊食品 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.