Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
THE FOOD WEEKLY

イベント・講演 飲料

「お~いお茶」令和元年記念ボトルの無料配布に本庄社長も/伊藤園

投稿日:

30周年記念で全国5都道府県の名所めぐり

東京会場では本庄社長もサンプリングに参加

伊藤園は「お~いお茶」発売30周年を記念して「日本の文化を未来へつなげよう」プロジェクトを展開。新時代「令和」を時代の転換地点と捉え、お茶や地域の文化の発展を願い、歴史的、文化的に日本の象徴となる全国5都道府県の名所でイベントを開催してきた。

同プロジェクトは令和を迎えた初日の5月1日に北海道函館市の五稜郭からスタート。次いで日本三名城の一つとされる熊本城(熊本県熊本市)、世界文化遺産の元離宮二条城(京都府京都市)を巡り、最終日の5月28日には、世界遺産・日本三景の宮島(広島県廿日市)と、日本の中心で新しい文化の発信地でもある東京都千代田区の「KITTE」で開催。会場では社員が初物で縁起が良いとされる新茶を使用した新小型容器(350mlPET、非売品)の「お~いお茶」令和元年記念ボトルを配布した。

東京会場では本庄大介代表取締役社長執行役員もサンプリングに参加。本庄社長は「『お~いお茶』ブランドは年間20億本以上を販売するまでに成長した。ご愛顧いただいた皆様に感謝を申し上げる」と発売30周年の感謝を述べ、今回のプロジェクトをきっかけに、令和の時代も「お茶の伊藤園」に親しんでほしい―と語った。会場内には同社の取り組みを紹介したパネル展示やフォトブースを設け、来場者にお茶の文化をPRした。

previous arrow
next arrow
マスコットの「お~いお茶くん」も登場
Slider

WEB先行記事

-イベント・講演, 飲料

Copyright© フードウイークリーWEB|週刊食品 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.