THE FOOD WEEKLY

注目記事 小売

新生・銀座ロフトを4月グランドオープン/ロフト

投稿日:

初のイートインコーナーを開設

ロフトは「銀座ロフト」(銀座ベルビア館3~6階)の大幅増床を行い、4月26日に新生・銀座ロフトとしてグランドオープンする。

同館1~2階にも増床することで、ロフトの営業面積は現在の3312.41㎡から約1.4倍の4585.14㎡に拡大。1階エントランスフロアには、ロフト初のカフェ「ロフトフードラボ」を展開。約30席のイートインコーナーでは、国産のフルーツと野菜を使ったジェラート・アイスキャンディを販売する「スーパーアイスクレマリー」や東京初出店となる京都発サワー専門店「サワー」、国産小麦を使い、自家製工房で焼き上げたベーカリーなどを提供する「GARDEN HOUSE CRAFTS」が出店。このほか、食とそれにまつわる器、道具、書籍などをセットアップしたギフト提案売場などを開設する。

2階フロアは、近年注目を集める美容と健康に配慮した自然由来原料のコスメやインナービューティに特化したフードなど、銀座の高感度なマーケットを踏まえ強化してきたナチュラル系商品をさらに拡大し、ロフト最大級の美容健康雑貨売場として同階全フロアで展開する。

また、同社はSDGs・環境課題への取り組みとして、新生・銀座ロフトから次の3つの施策を開始する。▽「脱プラ」=一部の大型袋を除いた買い物袋について、原則紙製の袋に切り替える。▽「マイバックの推進」=オリジナルエコバック(有料)の提供や、さまざまなエコバックを揃えた売リ場を4階に常設する。▽「ロフトアプリ『エコスコア』」=包装不要の購入者にはロフトアプリに割引クーポンが受けられる「エコスコア」を付与する仕組みを全店に先駆け導入。

3月12日に都内で開催したメディア説明会では、掛井賢治執行役員銀座ロフト館長=写真下=が新生・銀座ロフトの概要を説明。安藤公基社長=写真上=は「同店を常に新たなことに挑戦する次世代型旗艦店と位置付け、日本の雑貨の今を東京・銀座から発信していきたい」と意気込みを語った。

【店舗概要】▽所在地:東京都中央区銀座2-4-6▽営業時間:11~21時▽取扱商品数約7万種類(現在約5万種類)

previous arrow
next arrow
Slider

WEB限定記事

-注目記事, 小売

Copyright© フードウイークリーWEB|週刊食品 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.