THE FOOD WEEKLY

TOPICS 酒類

コロナに打ち勝つ!思い込めた日本酒/嘉美心酒造

投稿日:

3種の酒を混合した〝とがった味〟

コロナに打ち勝つ〝568〟

コロナに打ち勝つ日本酒が誕生した。嘉美心酒造(岡山県、藤井進彦社長)は、コロナ禍で出荷の機会が減った3種の日本酒を調合した「568(ころは)」を開発。9月1日よりオンラインショップで受注を開始し、10月12日から発売する。1800ml/3520円、 720ml/1760円。

新型コロナの影響で同社の売り上げは半分以下となり、作った酒の在庫も予想以上に積み上がり危機的な状況にある。そこで若手蔵人が中心となり、「コロナ(567)に打ち勝つ」思いを込めて、かつてない〝とがった酒〟を開発した。

568は口に入れた瞬間のインパクトある酸味と、それを追い掛けてくる華やかな香りが特長。アルコール度数は13%。日本酒度と酸度は非公開。商品名は567に打ち勝とうという考えで「568」にした。ラベルと酒瓶を黒色にすることで、コロナで生じた暗い雰囲気を表現。そこに星の首掛けを付けることで希望の光が差すイメージを演出した。

販売サイト
https://store.shopping.yahoo.co.jp/kamikokoro/bb242aecc8c.html

WEB限定記事

-TOPICS, 酒類

Copyright© フードウイークリーWEB|週刊食品 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.