THE FOOD WEEKLY

TOPICS 酒類

目指したのは〝まるで炭酸水のようなお酒〟/サッポロビール

投稿日:

低アルRTD〝日本版ハードセルツァー〟発売

サッポロビールは、若年層をターゲットにしたRTDの新商品「サッポロ WATER SOUR」(350ml缶、141円。アルコール分3%)を8月24日から発売する。炭酸水のような感覚で喉を潤す、新感覚RTDを提案する。

商品開発のヒントになったのが、〝アルコール入り炭酸水〟を意味する米国の若年層に人気のRTD「ハードセルツァー」。サトウキビの糖蜜由来アルコールを使用し低アルコール、低カロリー、甘くない味わいで健康志向と酔いたくないというニーズを捉えている。

6月16日のオンライン会見でマーケティング本部ビール&RTD事業部グループリーダーの永井敏文氏は、米国のこうした傾向はRTDは好きだが高アルコールは苦手、自分の時間を重視する日本の若年層にも通じると説明。〝日本版ハードセルツァー〟を開発することで、商機が見いだせると考えた。

新商品のコンセプトは「まるで炭酸水のような感覚で楽しめるお酒」。雑味のない澄んだ味わいとキレのある後味、酔いすぎることなくライトな気分が楽しめるアルコール分3%、フレーバーは炭酸水でも人気のレモン、オレンジを採用しいずれも無糖に仕上げた。

食中酒としてのポジションを確立し近年拡大を続けているRTD市場だが、新商品では「インターネット動画とのお供」など若年層の生活スタイルを意識したコミュニケーションで新たな需要を掘り起こす。

マーケティング本部の永井氏㊧と開発担当の黒柳真莉子氏

コミュニケーションにもこだわる

商品紹介サイト
https://www.sapporobeer.jp/news_release/0000012629/

WEB先行記事

-TOPICS, 酒類

Copyright© フードウイークリーWEB|週刊食品 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.