Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
THE FOOD WEEKLY

嗜好品

創業50周年記念祝賀会が盛大に/日本緑茶センター

投稿日:11月11日

世界中のハーブを日本に広めてきた

日本緑茶センターは創業50周年記念祝賀会を11月7日に帝国ホテル東京で開催。会場では創業から今日までをつづったスライド上映、ピアノ演奏、同社のお茶、ハーブ等を使った料理が並び盛大な催しとなった。

同社の前身「日本緑茶振興センター」が誕生したのが1969年。「世界中から集めたハーブとお茶を通じて暮らしに文化とゆとりを提供する」ことをモットーに、50年間邁進してきた。

創業年から手がけるドイツ№1ハーブティーブランド「ポンパドール」や、日本初の輸入塩「クレイジーソルト」等を輸入・販売し〝日本のハーブのパイオニア〟と呼ばれるようになった。

北島勇会長

北島大太朗社長

式典で創業者の北島勇会長は、50年を振り返り「良質なお茶、ハーブを探す中で南米のマテ茶、モロッコのアルガンオイル等、日本では珍しい素材と出会い、広めることができた」と回顧。これらの素材は現地でも、日本で広めてほしいと頼まれることも多い。「こうした民間外交ともいえる交流はビジネスを超えた私の使命。今後100年に向け、一層事業拡大を図りたい」と意気込みを見せた。

続いて北島大太朗社長が同社の未来像を説明した。これまで世界中のお茶、ハーブ、オイルを取り扱ってきたが、徹頭徹尾貫くコンセプトがある。それは「新たな市場開拓」「心と身体の健康に役立てること」「食品である以上、美味しく自然に摂取できること」。そこに今後は、「常に研究開発を続けるプロフェッショナルであり続けること」を付け加えた。

昨年、静岡県に研究施設の充実を図った新工場を竣工。「新しいことへの挑戦だけでなく、従来の素材を変化させることもパイオニアとしての使命。創業精神であるネバーギブアップのもと、新たな技術を取り入れていきたい」と決意を新たにした。

previous arrow
next arrow
「ポンパドール」も日本で発売50年
Slider

WEB先行記事

-嗜好品

Copyright© フードウイークリーWEB|週刊食品 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.