THE FOOD WEEKLY

Pickup 嗜好品

ネスカフェ原宿に日本初のミロ自販機/ネスレ日本

投稿日:

鉄分摂取の大切さを伝える

吉永氏

ネスレ日本は、3月6日の「ミロの日」に合わせ「ミロ 鉄分お助け自販機」を3月4日~4月30日までネスカフェ原宿(東京都渋谷区)の2階テラスに設置している。日本初のミロ専用自販機として、鉄不足解消を推進する。

「ミロ」は成長期の子ども(7~12歳)の栄養補給が主目的だが、一昨年から栄養素の中でも女性に不足しがちな鉄が注目され大人の飲用も増加。さらなる需要増を狙い昨年10月に発売した「ネスレ ミロ オトナの甘さ」は、鉄、カルシウム、ビタミンDはそのままに、砂糖を一部食物繊維に置き換え甘さひかえめに仕上げ好調な売り上げを見せる。

プロモーションも展開しており、昨年10月のキッチンカーを活用したイベント「ミロ 鉄分お助け隊」に続き、今回は日本初ミロ専用「ミロ 鉄分お助け自販機」を開発した。「ミロ」の「オリジナル」「オトナの甘さ」(税込410円)、「オリジナル スティック5本」(250円)に加え、自販機限定で「オトナの甘さ」とオリジナルマグカップのセット(600円)も販売する。「〝鉄〟不足チェック」コンテンツも用意し、タッチパネルで質問に答えると鉄の多い食材などを教えてくれる。

期間中、ネスカフェ原宿ではアレンジメニューのホット「〝ミロ〟withフォームミルク」(550円)、アイス「つぶつぶイチゴの〝ミロ〟シェイク」(600円)も提供する。

メディア体験会を3月3日に開催し、飲料事業本部レギュラーソリュブルコーヒー&RTDビジネス部ユニットマネジャーの吉永祐太氏が概要を説明した。健康志向の高まりで、栄養強化型の嗜好飲料は増加傾向にあり競争も激化している。吉永氏は「市場拡大は悪くない」と語り、今後も「ミロ」を通じて鉄分摂取の大切さを伝え新たなブランド価値定着を目指す考えを示した。

previous arrow
next arrow
Slider

WEB先行記事

-Pickup, 嗜好品

Copyright© フードウイークリーWEB|週刊食品 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.