THE FOOD WEEKLY

Pickup 麺類 外食

マグロの次はラーメンで起業精神を醸成/近畿大学

投稿日:

学生自ら店舗運営 2期連続赤字で撤退

「近大をすすらんか。」がオープン(左から2番目が西氏、4番目が大西氏)

近大マグロで有名な近畿大学が、今度は近大ラーメンで攻める。東大阪キャンパス内に、学生が経営するラーメン店「KINDAI Ramen Venture 近大をすすらんか。」を10月4日にオープン。学生の飲食店起業を支援する。

大学発ベンチャーの活性化が狙いで、今回は学生に人気のラーメンに着目。出店条件は近大生で、学内公募し最長1年の交代制。初期設備やガス・水道代は大学側が負担するが、電気・調理器具や原材料・人件費など運用コストは学生負担で、採算管理など経営実学の場となる。四半期ごとに決算報告を実施し、2期連続赤字で撤退というシビアさ。大学側のサポート役には、アメリカで人気のラーメン店「TSURUMEN DAVIS」を経営する、近大卒業生の大西益央氏をアドバイザーに招へい。店舗ロゴやスタッフウェアは芸術学科の学生がデザインした。

注目の第1号店を運営するのは、すでに奈良市でラーメン店「すするか、すすらんか。」を経営するグループ(農学部水産学科3年・西奈槻代表)。「日本の若者に〝選択肢〟を示す」(西氏)というビジョンを掲げ、近大生にしか作れない進化する〝近大系〟ラーメンを届ける。提供食数は大繁盛店並みの1日300杯、学生を中心に年間10万人の集客を狙う。

看板メニューは「初代近大ラーメン」850円。和だしを利かせたチャンポンを想起させるスープで、具材の炒め野菜と煮込みホルモンの甘味が溶け込んだ後を引く味わい。ツルツルもちもちの太ストレート麺と相性抜群。太縮れ麺が濃いタレと合う「近大まぜそば」800円も用意した。

営業時間は平日11~15時(土日祝・休校期間は休業)。当面は大学関係者への提供となるが、一般開放も検討しており、大きな話題を呼びそうだ。

「初代近大ラーメン」㊨と「近大まぜそば」

目指すは近大系!

WEB先行記事

-Pickup, 麺類, 外食

Copyright© フードウイークリーWEB|週刊食品 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.